switch・PS4ユーザーにおすすめ!60Hz以上のゲーミングモニターを紹介する

switch・PS4ユーザーにおすすめ!60Hz以上のゲーミングモニターを紹介する

「switch勢・PS4だけどゲーミングモニター欲しい」

「switchとかPS4で使うゲーミングモニターはどれが良いの?」

こんな人向けの記事になっています。

結論から言うと、switchやPS4でゲーミングモニターを使うなら60Hzゲーミングモニターで十分です。というよりそれ以上の144Hzとか240Hzのゲーミングモニターを買っても意味がないです。

なのでまずはリフレッシュレート(Hz)の説明を簡単にした後、おすすめの60Hzゲーミングモニターを紹介します。

関連記事:ゲーミングモニターの用語と選び方を解説する – すずかぜようブログ

switch・PS4ユーザーは60Hzゲーミングモニターで十分な理由

switch・PS4ユーザーが60Hzを超えるゲーミングモニターを買っても意味がない理由は、switchやPS4のスペックにあります。

switchやPS4はスペック的に最大60FPSまでしか出すことができません。言い換えると、1秒間に最大60枚の画像しか作ることができないということです。(私たちが映像として認識しているものは、実際には高速でパラパラされた画像、パラパラ漫画です)

対してゲーミングモニターの60Hzとか144Hzとかの数値は、1秒間に60枚(144枚)の画像を映し出すことができることを示します。

つまり、switchやPS4で作られた画像をモニターが映し出すという仕組みです。

switch側で60枚しか画像が作られないのに、モニターが144枚とか映し出す能力を持っていても意味がないですよね。

なのでswitchやPS4に合わせて60Hzのゲーミングモニターで十分ということです。

60Hz以上のゲーミングモニターのおすすめ

ではおすすめの60Hzゲーミングモニターを紹介していきます。

※情報に誤りがないよう努めていますが、万が一のこともあるため、ご自身で詳細をお確かめください。

モニターっておすすめとかレビューの仕方が「きれい!」くらいしかないけどどうすれば良いと思う?笑

I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC252STB

サイズ 24.5インチ
最大リフレッシュレート 75Hz
パネル TNパネル
光沢 ノングレア
解像度 1920×1080
応答速度 0.6ms(GTG)~5ms
スピーカー あり
端子 HDMI×2,DisplayPort,アナログRGB
VESA規格 対応

1つ目はI-O DATAのGigaCrysta EX-LDGC252STBです。

「おいおいいきなり60Hz超えてるじゃん」と思うかもしれませんが、そこは許していただきたいです。これより古い60Hzのモデルを紹介しようと思ったのですが、Amazonで中古品しかないし、 値段も1000円とかしか変わらなかったので、こちらを紹介します。あとそもそも60Hzゲーミングモニターはそこまで数がないです。

ポイントとしてはHDMIが2つとDisplayPortが1つついているので、複数のゲーム機やPCに接続できることですね。

フォートナイトとかApexでも問題なく快適にプレイすることができました。

ただ、画面の向きなどはほとんど変えられません。

Acer KG251QGbmiix

サイズ 24.5インチ
最大リフレッシュレート 75Hz
パネル TNパネル
光沢 ノングレア
解像度 1920×1080
応答速度 0.7ms(GTG)
スピーカー あり
端子 HDMI×2,ミニD-Sub15ピン
VESA規格 対応

2つ目はAcerのKG251QGmiixです。

画質などの品質については特にいうことはありません。問題なく快適にゲームをすることができます。ゲームジャンルによって8種の映像モードを切り替えることができるなど、ゲーミングに適した機能がついています。

特徴として、パネルのフレームがほぼないので、臨場感を感じることができるとのことですが、フォートナイトをやるぶんにはいつもと違う感は特にありませんでした…。ムービーがあるゲームや、景色がきれいなゲームだと違うのかもしれません。

注意点としては、DisplayPortがついていないことですが、switchやPS4のみでゲームする場合は関係ないです。

ディスプレイの角度は多少変えられます。

おそらく販売終了

ASUS VG255H

サイズ 24.5インチ
最大リフレッシュレート 75Hz
パネル TNパネル
光沢 ノングレア
解像度 1920×1080
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり
端子 HDMI×2,D-sub15ピン
VESA規格 対応

3つ目はASUSのVG255Hです。

特徴としては、照準を画面上に出せることと、角度などの調整ができることでしょう。

照準を画面上に表示させることで、より正確なエイムができるようになります。

また、画面の高さや前後左右の角度、さらには左右回できるので、より自分のスタイルに合った位置でゲームをすることができます。私個人としてはだいたい位置を決めていますが、時々姿勢を崩すときなどに角度を変えたくなるので、調整機能はあるとうれしいです。(なくても不満ではない)

地味にこれもHDMIが2つついているので、2機までなら差し替える必要がないのがポイント高いです。

今回紹介する中では値段が少し高めですが、機能を考えると妥当かなと思います。

おそらく販売終了

ASUS VP228HE

サイズ 21.5インチ
最大リフレッシュレート 75Hz
パネル TNパネル
光沢 ノングレア
解像度 1920×1080
応答速度 1ms(GTG)
スピーカー あり
端子 HDMI×2,D-sub15ピン
VESA規格 対応

4つ目はASUSのVP228HEです。

特徴は安さとサイズですね。

値段が1万円超えるくらいなので、他のゲーミングモニターと比べてかなり安めとなっています。

サイズに関しては、個人的はおすすめは24インチですが、部屋の大きさや好みの関係で小さいほうが良いという方に向いていると思います。

注意点としては、PCとの接続には向いていません。PCとHDMI接続をするとどうしても白っぽくなるので、使い物にならないでしょう。(ダイナミックレンジをいじれないので)

おそらく販売終了

この記事のまとめ

switchやPS4しか持ってないのに144Hzや240Hzのモニターを買うのは本当に無駄なので気を付けましょう。

欲しい機能・要らない機能をはっきりさせて、自分のニーズに合ったゲーミングモニターを選ぶようにしましょう。