徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

安いけど使える!コスパ最強のゲーミングヘッドセットを紹介

ゲームをしている男性

「ゲーミングヘッドセット欲しいけど高いから買えない…」

「初めてゲーミングヘッドセットを買うけどどれが良いの?」

「安いのを買って失敗したくない」

こんな人向けの記事になっています。

 

この記事では、私がゲーマーの友人から借りるなどして使ったものの中から、安くてコスパの良いゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

「ゲーミング」と付くと値段が高いイメージがあるかもしれませんが、安くて質の良い製品もたくさんあります。

 

ただはじめに言っておくと、値段が高いものにはやはり勝てません。

なので、「”めちゃめちゃ”良いヘッドホンが欲しい!」という場合はそれなりのお金を出すしかないです。

自分に合うかは別にして、高いほうが良い製品なのは仕方ないね

 

 

コスパ最強のゲーミングヘッドセットを紹介

では早速コスパの良いゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

それほど多く紹介しても迷うだけだと思うので、5つに絞って紹介していきます。

※情報に誤りがないよう努めていますが、万が一のこともあるため、ご自身で詳細をお確かめください。

個人に合う・合わないがあるからランキング形式ではないよ

 

おすすめ1:HyperX Cloud Alpha

密閉or開放

密閉

有線or無線

有線

持続時間

重量

298g

接続

3.5mm

ドライバー

50mm

インピーダンス

65Ω

1つ目はHyperXのCloud Alphaです。実況とか配信とかしない普通のゲーマーにはかなりおすすめできます。

特徴としては、デュアルチャンバードライバーが搭載されていて、歪が少ないです。実際に聞いてみてもはっきりと音声が聞こえてきて、かなり良いのではないかと思います。定位感も良いので、FPS系のゲーマーにもおすすめです。

イヤーパッドがかなり大きめで、側圧もそれほど強くなく、長時間着けていても大丈夫だと思います。重量も、着脱式マイク合わせても300gちょいというのも着け心地に貢献していますね。

ただ欠点として、マイクの音質が悪いです。配信や実況には向いていませんが、ボイスチャット程度なら問題ないでしょう。

コスパ最強か!?HyperX Cloud Alphaをレビューする - 徒然なるままにKeep

 

おすすめ2:RAZER kraken

密閉or開放

密閉

有線or無線

有線

持続時間

重量

322g

接続

3.5mm

ドライバー

50mm

インピーダンス

32Ω

2つ目はRAZERのkrakenです。着用感を求める人にはかなりおすすめできると感じました。

RAZERのモデルはイヤーパッドが厚いものが多いのですが、このkrakenも厚くて柔らかいです。さらに冷却ジェルが入っているので、夏場でも蒸れにくく快適性が増します。実際長時間使ってみても、不快感などを感じることはありませんでした。

また、側圧が強くなく、重量の割に軽い感じがしました。

音質に関しては、おすすめ1のCloud Alphaのほうが上だと感じましたが、悪くはないです。

マイクは可もなく不可もなくといった感じで、ボイスチャット程度なら問題ないでしょう。

RAZERのゲーミングヘッドセットkrakenをレビュー【コスパ抜群】 - 徒然なるままにKeep

 

おすすめ3:Logicool G433

密閉or開放

密閉

有線or無線

有線

持続時間

重量

259g

接続

3.5mm,USB

ドライバー

40mm Pro-G

インピーダンス

32Ω

3つ目はLogicoolのG433です。軽いものを探していたり、メッシュ素材のイヤーパッドが良い人に特におすすめです。

全体的に小型な感じで、259gという重量で、本当に軽いです。

ただ側圧はそこそこ強いです。

イヤーパッドがメッシュ素材なので、蒸れにくくなっています。

ドライバーが上位モデルに搭載されるようなPro-Gで、音質に関しては良いほうです。

音質だけで言うと今回紹介する5つの中で上位に食い込んでくるレベルだと思います。

Logicool(ロジクール)のゲーミングヘッドセットG433をレビュー - 徒然なるままにKeep

 

おすすめ4:SteelSeries Arctis1

密閉or開放

密閉

有線or無線

有線

持続時間

重量

255g

接続

3.5mm

ドライバー

40mm 

インピーダンス

32Ω

4つめはSteelSeriesのArctis1です。エントリーモデルなのですが、ドライバーは上位モデルと同じものを搭載していて、音だけで言えば値段以上なのでおすすめです。

ただ、エントリーモデルなので高級感がなかったり、着脱式マイクの品質はイマイチです。

個人的にシンプルなものが好きなので、Arctis1のデザインは好きです。

また、上位モデルのヘッドバンドがゴムなのに対しArctis1はPUレザーなので、その点も違います。PUレザーのほうが着け心地は良いです。

なので高級感がなくても良い・シンプルなもので良いとか、マイクはあまり使わないといった人におすすめです。

上位モデルと同格!SteelSeriesのゲーミングヘッドセットArctis1をレビュー - 徒然なるままにKeep

 

おすすめ5:SENNHEISER GSP300

密閉or開放

密閉

有線or無線

有線

持続時間

重量

267g

接続

3.5mm

ドライバー

 

インピーダンス

19Ω

5つめはSENNHEISERのGSP300です。音質が欲しく、趣味で配信をやっている人に特におすすめです。

これは音質が良く、中・高音が強いので、普段使いもしやすいゲーミングヘッドセットでもあります。

マイクは取り外し不能の跳ね上げ式で、品質に関してはかなり良いと感じました。

ボイスチャット以外にも配信などでも使えれるレベルだと思います。

ただ上位モデルではないので、高級感がなかったり音質では負けたりしますが、上位モデルは重量も重いので、このGSP300を選ぶ意味はあるかと思います。

SENNHEISER(ゼンハイザー)のゲーミングヘッドセットGSP300をレビューする【GSP500と比較】 - 徒然なるままにKeep

 

この記事のまとめ

この記事では大体10,000円程のゲーミングヘッドセットを紹介しました。

これくらいの値段だと、どうしても上位モデルには品質は劣りますが、ゲーミングヘッドセットを初めて購入する人とか、ライトゲーマーにはかなりおすすめできます。

「高い=自分のニーズに合う」ではないからね