徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

ゲームを面白いと感じるための要素2つ

ゲームをしている男性

ゲームしてますか?

私はオタクなのでプリコネは毎日しっかりとやっていて、時々フォートナイトをやっています。

 

さて、みなさんはなぜゲームをしますか?

もちろん「暇つぶしに」という人もいるでしょうが、多くの人は「面白いから」だと思います。

 

そこで私は考えました。

「なぜゲームを面白いと感じるのか」

考えた結果答えを出したので、それについて書いていこうと思います。

あれだけ過去記事でフォートナイトをdisってたのにやってるの草

 

 

 

ゲームを面白いと感じるための要素2つ

  1. 何かを達成・成功できる
  2. コミュニティに属し、交流できる

この2つがゲームには大事なのではないかと考えました。

 

何かを達成・成功できる

主に対人戦を行うゲームに関しては、相手を倒したり、今までできなかった技ができるようになったりすることで、達成・成功を味わうことができ、楽しさにつながっていると感じます。

対人戦のないRPGのようなゲームでも、必ずボスなどの関門が用意されていて、しかも大抵超えられるように設定されています。ボスを倒したときに達成感を得られるわけです。

 

逆に、対人戦はあってもAボタンを押すだけで難しさがないとか、RPGでボスがいなくて世界が平和なままだったら、果たして面白さを感じるでしょうか?

 

達成・成功を味わえるというのはゲームを面白いと感じる1つの重要な要素だと思います。

魔王がいないドラクエ…超おもんなそう…

 

コミュニティに属し、交流できる

もう一つ、大事な要素が「コミュニティが存在し、交流できること」だと思います。

特に最近ではこの要素はかなり強いのではないでしょうか。

最近の多くのスマホゲームにはギルド制があり、そこで交流できるようになっています。

スマホゲーム以外のゲームにはあまりギルド制とか、他のプレイヤーと交流するような機能がないように思いますが、それに関しては、SNSやYouTubeなどのツールが大きな役割を持っているのではないかと思います。

確かに一人でやるだけのゲームって飽きちゃうかも

 

SNSやYouTubeが果たす役割の大きさ

Twitterで「フォートナイト」と調べればたくさんのツイート・アカウントが出てくるので、そこから繋がり・コミュニティを作ることができます。

また、YouTubeにおいても、大抵のメジャータイトルは誰かが実況していますし、実況者・リスナーともどもコミュニティを作っているとみなせるでしょう。

ゲームの地位が上がっているのはこういったSNSなどの影響があると言っても良いでしょう。

 

 

この記事のまとめ

ゲームを面白いと感じるのは、

  • 何かを達成・成功できる
  • コミュニティを通じて交流できる

からだと考えます。

いわゆる「大ヒット作」にはこの両方が備わっているのではないでしょうか。

もちろんゲームの内容がしっかりしているのが前提だけどね