徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

ブログのジャンルの決め方はズバリこれ【継続が一番です】

ブログのアナリティクス

「ブログを始めたいけどジャンルを決められない…」

「ブログを始めたけど、ジャンルが定まらなくて迷走してる」

こういった悩みを持っている人向けの記事となっています。

 

1分野に特化したブログではなく、雑記ブログであったとしても、ある程度ジャンルを絞るというのは大事なことです。

 

そこで、ブログジャンルの決め方について説明していこうと思います。

この記事を見れば、おそらくほとんどの人がジャンルを決定できるかと思います。

ジャンルを絞らないと検索上位に入りにくいし、ファンも増えづらいからね

 

 

ブログのジャンルの決め方はこうです

ブログのジャンルは、自分の好きなこと・無限に語れることにしましょう。

ゲームが好きならゲームについて、化粧品に興味があるならおすすめの化粧品、ファッションに興味があるなら服・コーディネートについてのブログにしましょう。

好きとかじゃなくても、東大生なら勉強・受験についての記事とか、不登校の人は不登校児の時間の使い方・学校に行かないことで得たものなどでも構いません。

自分のプロフィールの特技・趣味・経歴・長所・短所などなどをよく考えて、そのことについて書きましょう

※ただし、特に健康やお金などの人生に大きく関わるジャンルはやめておいたほうが良いです

「ゲームは好きだけどもっとうまい人はいくらでもいるし」という考えは要らないよ

 

なぜ無限に語れることが良いのか

ブログは継続することが一番大事です。

なぜなら成果が出始めるまでに1年以上かかるからです。

 

つまり、興味もない・詳しいわけでもないジャンルにしてしまうと、続かないし、そもそも良質な記事を書くことができません。

 

実際に、ブログを始めた人の9割が1年以内にやめていると言われていますし、Twitterなどを見ていてもいつの間にか更新が止まっている人が多くいます。

 

なので続けられるようなジャンル選びをしましょう。

8割の人は月5000円も稼げてないとも言われているね

 

稼げるジャンルが良いのでは?という疑問について

「稼げるジャンルのほうがすぐに成果が出てモチベが上がるのでは?」と考える人もいるかと思いますが、個人的にはおすすめできません

確かに、美容や金融系などのジャンルは単価が高いので稼ぎ易いです。

 

しかし、そんな稼げるジャンルを大手が手を付けてないと思いますか?

そういったジャンルは既に大手が独占していますし、これから始める新参者が勝てるとは思いません。

人気ジャンルだから大手以外にも競合がたくさんいるね

 

ニッチなところを攻めていく戦法を取れ

電化製品が好きな人がいて、ブログのジャンルは「電化製品」にしたとしましょう。

ここでいきなり「テレビ」についての記事を書くのはNGです。

なぜなら「テレビ」について書かれた記事が多すぎて、上位表示されにくいからです。

「テレビ」ではなく、「テレビ おすすめ」「テレビ おすすめ SHARP」「テレビ おすすめ SHARP 低価格」のように、いくつか言葉を組み合わせて記事を作成するのが良いです。(キーワードが増えるほど競合が減ります)

そうすれば次第に「テレビ」でも上位表示されるようになります。

語れるジャンル=稼げるジャンルの人もこの戦法で戦えるね

 

詳しいブログ記事の書き方は

【超初心者向け】ブログの記事の書き方|記事執筆でやってはいけないこと - 徒然なるままにKeep

で説明しているので、興味のある人はどうぞ。

 

この記事のまとめ

  • 自分のプロフィールからジャンルを決める
  • ブログを続けることが一番大事
  • ニッチなところを攻めていかないと駆逐される

自分の戦えるフィールドをしっかりと見極めることが第一歩だね