徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

【2020年4月】Youtubeでのゲーム実況はもう無理ゲーです

ゲームをしている男性

「youtubeのゲーム実況を始めようかなと思っている人」

「youtubeでゲーム実況をやっているけど全然伸びてない人」

こんな人には悲報です。

youtubeでのゲーム実況に新規に参入するにはもう無理です。

 

なぜそう思うのか。私が実際にやってみて考えたこと・気づいたことをまとめていきます。

「お前が伸びないのはお前が悪い!雑魚!」と言われそうですが、はっきり言うと、95%以上の人は私よりの人間です。つまり伸びずにやめることになると思います。

 

もちろん趣味で動画をあげるのは全然オーケーですが、「伸ばしたい。収益化したい」のであれば諦めたほうが賢明です。

実際人気があるのはほんの一部だからね

 

 

 

YouTubeでのゲーム実況はもう無理ゲーです

冒頭にも書きましたが、youtubeでゲーム実況を新規に上げて伸ばしていくというのはもうほぼ無理です。

Youtubeで収益化していくというのは「ビジネス」なので、「ゲームするだけでお金もらえる」などと考えている人はそもそも論外です

YouTube側も企業の広告で収益を上げているわけなので、「面白い動画」=「収益を上げてくれる動画」を優遇しますし、「面白くない動画」=「価値のない動画」は冷遇します。

まずはこれをしっかりと頭に入れたうえで、以下のゲーム実況が無理ゲーな理由を読み進めてください。

「ビジネスなんだ」って意識は多くの人に欠けてるんじゃないかな

 

ライバルが多すぎる・強すぎる

まず「ライバルが多すぎる」。これに尽きます。

今や収益化しているゲーム実況者なんてかなりの数います。(割合で言うと少ないので勘違いしないように)

彼らは既にブランドとなっています。一度ブランドになると勝手にファンは寄ってきます。

しかし新規参入者の私たちにはブランドもありませんし、当然ファンもいません

そんな中コツコツと数カ月・1年以上動画をあげ続ける必要があります。

他にもっと面白い実況者が山ほどいるのに、わざわざブランドもない・面白くもない動画を見ようとはなりませんよね。

 

Youtubeから面白いと思われる動画を作るのは難しい

  1. クリック率
  2. 視聴時間
  3. 露出回数

この3点が重要な要素ですが、すべてセットで考える必要があります。

これをしっかりと意識しないと絶対に伸びないと言っても過言ではありません。

ここめちゃくちゃ重要だよ

 

クリック率が低すぎる

インプレッションクリック率というのでしょうか。

要は「あなたの動画が画面に表示されて、どれくらいの人が実際に視聴してくれたか」です。(20%なら100人が目にして20人が実際に視聴した)

これが低いと「あなたの動画は魅力的ではない・価値がない」とyoutubeに認識されてしまいます

これをあげるためにはサムネイルとタイトルが大事になります。

 

視聴時間が短すぎる

実際に動画を見てくれた人がどれくらいの時間視聴してくれたかが重要になります。

例えば10分の動画の平均視聴時間が4分であれば、40%の視聴維持率ということです。

これが低いと、「この動画は面白くない・価値がない」とyoutubeに認識されてしまいます。

これを上げるには動画の内容が大事になってきます。

 

露出回数が少なすぎる

あなたが動画を見るとき、どうやってその動画にたどり着きますか?

おそらく多くの場合、「ホーム画面のおすすめ」か、「関連動画」からだと思います。

では、その欄に「再生回数10回」くらいの新米の動画が出てきたことはありますか?

ほぼないと思います。あったとしても記憶にないでしょう。

なぜかというと、大抵の場合、

 「再生回数が少ない動画はクリック率が低いし視聴時間が短いから」です。

つまり、

  1. 動画を出す
  2. ほぼ誰にもクリックされない・されても開始10秒くらいでブラウザバック
  3. youtubeが「これは価値のない動画だ」と判断
  4. おすすめや関連動画に出てこない

ということです。

 

ハイクオリティの動画をそれなりの頻度で出すのはしんどい

ここまで読んだ人は、

  • サムネイル
  • タイトル
  • 内容

このすべてが大事だとわかったでしょう。

 

また月1本の投稿で伸びるわけもありませんから、それなりの頻度で投稿し続ける必要があります

はっきりいってしんどいです。

 

編集がしんどい

視聴者に「面白い」と思ってもらう必要があるわけですから、編集で凝った動画にしないとだめです。(大手が皆やっているので、新参がやらないで良いわけがない)

どうすれば面白いと思ってもらえるのか、それを考えながら編集する必要があるわけです。

動画編集やサムネイル作成まですべて合わせたら余裕で数時間かかりますよね。

そんな作業ずっと続けられますか?

 

ゲームに飽きてしまう

ゲーム実況では基本的に1本のゲームをやり続けることになります。

そうすると、飽きます。

心からそのゲームが好きで、どんなアップデートが来ても受け入れられる、永遠にそのゲームしたいという人なら大丈夫かもしれませんが、そんな人はあまりいないのではないでしょうか。

 

1本に絞らないと固定客がつかない

「そのゲームに飽きたら別のゲームやれば良いじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、おすすめできません。

ポケモンとフォートナイトで考えましょう。

あなたはずっとポケモンの動画をあげていました。視聴者もそこそこつきました。

しかしポケモンに飽きたので、フォートナイトの実況を始めました。

これの何がダメかというと、ポケモン実況を見ていた視聴者はフォートナイトには興味がないということです。

すると、「あなたのファン(≒信者)」になりかけていた人が逃げてしまいます

しかも、チャンネル登録者の画面にはあなたのフォートナイトの動画が出るわけですから、クリック率が下がり、youtubeからの評価も下がります。

既にファンを何人も抱えている人であれば、ゲームタイトルを変えても支障はないですが、新人はやめたほうが良いでしょう。

 

 

それでもゲーム関連の動画をあげたいなら

youtubeのゲーム実況はめちゃくちゃしんどいということが分かったでしょう。

それでもやりたいという人はいるかもしれません。

そういう人のために案を用意しました。

 

超ゲームがうまくなる

超ゲームがうまくなりましょう。偏差値で言うと70くらいですかね。

周りの人よりうまいじゃだめですよ。今活躍している他の実況者レベルってことです。

それくらいになればあなたの動画に価値が生まれます。

正直うまくないゲーム動画の価値は「内容が面白い」しかないです。うまくもない・内容もつまらない動画は価値がありません。

プレイヤースキル・トーク力のどっちかは必ず必要だね

 

実況だけが全てではない

ゲーム動画というと、ゲーム実況を思い浮かべがちですが、実況だけが全てではありません。

いわゆる解説動画のようなものには価値が出やすいです。

しかもプレイ解説とかではなく、

「キャラの歴史解説」「シリーズの歴史解説」

こういったものは狙い目だと思います。

既存のこういった動画は、字幕が流れるだけであったりして、投稿主のすがたが見えてきませんでした。

しかしこういった動画に自分の声を当てることで、投稿主のすがたが見えてくるので、登録者数もつくでしょう。

 

 

この記事のまとめ

  • youtubeはビジネスなので、遊び感覚では伸ばせない
  • 伸ばすにはサムネイル・タイトル・内容すべての品質が重要
  • 固定客をつけるのが大事
  • めちゃめちゃうまくなるか、実況以外の道を探す

今から伸ばすのは本当にごく一部の人だけにしか不可能だと思います。

それなりの覚悟でやらないと絶対に続かないし、伸びません。