徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

「ブログを100記事書けば稼げるようになる」に釣られるな!|質が命

パソコンで作業している女性

「ブログってどれだけ書けば稼げるようになるんだろ」

「100記事書けば稼げるってホント?」

こんな疑問を持っている人いませんか?

 

はじめに結論を言ってしまうと、

100記事書いても稼げません

 

私の悪い例とともに、このことについて説明していきます。

私はブログについての情報を集めていて、それを頭では理解しているので、それを伝えていきます。

最後のほうでブログ記事を書くときに必要なことも書いています。

今ブログを書いている人で、思い当たる節があるなら改善しましょう。

「100記事書いたら稼げる」に騙される人はブログに向いてないかも…

 

 

 

ブログを100記事書いても稼げません

よく「100記事書けば稼げます」と言われているのを目にします。

残念ながら、ブログを100記事書いたとしても、稼げるようにはなりません。

そもそも、100記事書いただけで誰でも本当に稼げるならだれも苦労しませんし、全人類が始めているでしょう。

「100記事書くだけで」

とか、

「誰でも楽に」

とか思ってブログで稼ごうとしているのなら、まずはそこを改めたほうが良いです。

 

私の100記事時点での成果

私の100記事時点での成果は、(正確な数値はわかりませんが)

  • 300PV/日
  • 収益は0に等しいレベル

こんなものでした。

 

「それはおまえがだめなだけじゃん」と言われそうですが、こんな人がほとんどだと思います。そりゃブログや動画でよく目にする人は、大体成功例ですよ。成功しているから記事にして、みんなが観るので上位表示されるわけです。

YouTubeだってヒカキンばかりじゃないのと同じです。

 

 

そもそもなんで100記事と言われるの?

そもそもなぜ「100記事書けば稼げるようになる」と言われているのでしょうか?

この文言の真意は、

「100記事書くころには高品質な記事を書くスキルが身についているだろうし、ブログを伸ばそうとする知恵・メソッドを備えているであろう。まあそもそもおまえらは100記事書けずにやめるだろうがな」です。

 

正直な話、私は「ブログでひと稼ぎするぜ」とか思ってません。

適当な記事もかなりあります。

だから伸びないわけです。

ただ書くだけじゃ全く意味がないってことだね

 

高品質な記事を書くスキルが身に付くであろうから

現在では、高品質な記事でないと上位表示されませんし、誰からも見てもらえません。(=収益0)

色々な知識を吸収しながら実践し、正しかったかを分析・修正する。これができないと永遠に収益は0です。

100記事書くころにはそういう力が身についているだろうから100記事書けと言われるわけです。

 

100記事書けずにやめる人が多数を占めている

これはそもそも論みたいな感じですが、成功している人は100記事以上書いていて、失敗する人の多くが100記事も書いていないのです。

100記事書けるかどうかでふるいにかけられていると考えても良いでしょう。

 

色々な方が継続率を調べているので、それを参考にしたところ、(データによってばらつきがある)

  • 半分以上が3カ月間も続けられない
  • 1年以上続けられるのは2割とか1割とかそこら

イメージは大体このくらいですね。

 

1日1記事だとしても3か月以上続けなければ100記事にはなりません。

さらに、副業としてブログをしている方は毎日更新は難しいかもしれません。そうすると半年以上続けなければ100記事に到達しないことになります。

データと見合わせると、100記事書くのがいかに難しいかがわかると思います。

 

 

量より質がはるかに重要

質が何よりも一番大事で、その次に量だということが分かったと思います。

ここまで「高品質な記事」と言っていますが、何を以て高品質なのでしょうか?

  • 読者の悩みや疑問を適切に解消する
  • オリジナルである
  • 付加価値を持つ
  • 人をひきつける

このような記事を高品質な記事というわけです。

 

オリジナルは前提。付加価値が必要

以下の2つの「ピカチュウの特徴」についての文を見て下さい。

 

1つめ↓↓

  • 黄色
  • でんきネズミ
  • ピカピカ~と鳴く
  • ほっぺはでんき袋
  • 声優は大谷育江

2つめ↓↓

ピカチュウはほぼ全身が黄色のでんきネズミポケモンです。鳴き声は「ピカピカ~」であり、ほっぺにはでんき袋があります。声優は大谷育江が担当しています。

 

1つめも2つめもどちらもオリジナルです。コピペではありません。

しかし、内容は全く同じです。

こんなのが検索上位に並んでたらどうでしょうか?

読者のニーズを満たせるとは思いません。

1つめと2つめのどちらで書こうが構いませんが、

「アニメのピカチュウはモンスターボールに入らない」

「かみなりのいしをもらったけど、ピカチュウ自身が進化を拒んだ」

などの他のサイトにはない情報を入れてあげることで、「あなたの記事じゃないといけない」という付加価値が生まれます

読者のニーズを満たせる、価値を提供できるサイトが好まれるってことだね

 

 

この記事のまとめ

  • まずは継続することが大事
  • 質を保証したうえでの量
  • 自身の記事に付加価値をつける

 

以上の3点が要点になります。

 

特にまずは継続するところからですね。継続できなければ何も始まりません。

野球とかだと、「ド素人から1カ月でプロになる」というのが無理だとわかるのに、ブログなどのネットビジネスになると「1カ月で稼げる」と思ってしまう人が多いですね

とりあえず継続しましょう。話はそれからです。