徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

初心者でも今すぐに始められる副業3選|大事なのは継続すること

f:id:RinLinRein:20200301221946p:plain

副業が割とメジャーになっている昨今、始めようと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

今回はネット上で行える副業を3つ挙げます。

選んだ基準は、ネット上に資産として残るかどうかで決めました↓↓

  1. YouTubeなどの配信サイト
  2. サイトアフィリエイト
  3. ブログ

 

プログラミングやクラウドワークスなども定番だとは思いますが、ネット上に資産として直接残るわけではないので外させてもらいました。

 

はじめに言っておきますが、今回上げる3つ、特に1番と3番は結果が出るまで時間がかかります

つまり、成果が出なくても折れずに続けられる人でないと向いていません。

 

また、「副業」と書いておいて何ですが、どちらかというと趣味的な感じで始めるのが良いと思います。

「稼ぎたい」が最初に来てしまうと、くたびれるのも早くなるので。

 

それぞれ説明しましょう。

 

 

YouTubeなどの配信サイトについて

いまさら「YouTubeとは?」から始める必要はないでしょう。

ただ、案外どうやって始めるかについて知らない人はいるようです。

 

まず、動画投稿者なのか、生配信者なのかによって変わってきます。

動画投稿者であれば1本1本動画を作っていくのが基本になります。

生配信者であれば、視聴者とのコミュニケーションが大事になってくると思います。

 

ただ、どちらも初めは視聴者数が0に近い状態でしょうから、根気が必要となります。

 

また、生配信サイトはYouTubeだけではありません。

何を配信するかにもよりますが、Twitchやツイキャスなど配信できるサイトはいくらでもあります。

自分が何を配信したいかで選ぶと良いでしょう。

 

配信者ってどうやって稼いでるの?

ここではYouTubeを例に説明します。(他の配信サイトでもおおむね似たような仕組みです)

 

動画投稿者の場合

動画投稿者は、自身の動画に広告を貼ることで稼いでいます。

人気のYouTuberの動画を見ると、冒頭や途中に広告が流れますよね。あれです。

 

ただし、誰でも貼れるわけではなく、

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 1年間の総視聴時間4000時間以上

この2つの条件をクリアする必要があります。

 

時々、相互チャンネル登録しましょうと言って登録者が1000人以上いるけれど、視聴回数が1本50回などという人がいますが、ダメですね。

意味がないので相互チャンネル登録はやめましょう。

 

生配信者の場合

生配信者の場合、視聴者からの投げ銭が主な稼ぎとなります。

投げ銭とは、視聴者からの直接的な支援だと思ってください。

 

ここで気づいた人がいるかもしれませんが、生配信者として稼ぐのは難しいです。(もちろん動画投稿者が簡単というわけではない、相対的評価)

なぜなら、チャンネル登録とか動画視聴というのは軽い気持ちでするものでしょう。

対して投げ銭は、あなたの完全なファンでないとしないからです。

 

サイトアフィリエイトについて

次にサイトアフィリエイトについてです。

まずはアフィリエイトを説明しましょう。

 

そもそもアフィリエイトって何?怪しくない?

英語の訳し方は色々あると思いますが、アフィリエイトとは成功報酬型広告です。

 

普通の広告を考えましょう。

化粧品会社Aが、街中や電車の中に広告を出すのに500万かかるとします。

そして広告を出した結果1千万売り上げがあれば広告を出したのは正解だったといえるでしょう。

しかし、100万しか売り上げがなかった場合はどうでしょう?

大損ですよね。

広告を出すというのは企業にとって大きなリスクになります。

 

それを防ぐのがアフィリエイトです。

ざっくり言うと、「化粧品会社Aの商品をあなたのサイトで宣伝してくれませんか?もし売り上げが出たら、報酬を払いますよ」という仕組みです。

  • 化粧品会社A側からすれば、ただで広告を貼ってもらえる+実際に売り上げが出たら報酬を払えばよいので、リスクにならない
  • 宣伝する側(我々)としては、宣伝するだけで報酬がもらえる可能性がある

 

つまり、怪しい仕組みではなく、きちんと理にかなったシステムです。

 

また、企業と我々一般人が直接上記のような取引をするのではなく、ASPがその仲介役として存在します

  • 企業側がASPを通して広告を我々に提示する
  • 我々はASPを通して紹介したい広告を選ぶ

 

我々はASPに登録することで、広告を貼れるようになります。

どのASPに登録するかですが、定番どころが良いでしょう。

広告の種類や、サポートの厚さなどから以下の2つを挙げておきます。

A8.net

もしもアフィリエイト

 

 どちらも使い勝手が良いですし、定番です。

 

サイトアフィリエイトとは

サイトアフィリエイトとは、上述したアフィリエイトを使ったサイトを作り、そこから利益を出すことです。

イメージは、ネット上に専門書を作る感じです。

 

例えば、英語学習サイト。

英文法から英会話表現などを網羅したサイトを作ります。

どうやってアフィリエイトで稼ぐかというと、そのサイトにオンライン英会話教室の広告を貼るなどします。

そして実際に誰かが広告を踏み、オンライン英会話教室に入会すれば我々に報酬が入るという仕組みです。

 

サイトの作り方

では、どうやってネット上に専門書(サイト)を作るのでしょうか?

それは、WordPressを使ってサイトを作り、サーバーを借りることでネット上に上げます。

WordPressって?という方も多いと思うのでざっくり言うと、サイトを作るためのソフトウェアです。

WordPressを使うことでサイトを作ることができるのですが、私は詳しくないのでここでは説明できません。

ググれば出てくると思うので詳しい使い方などはそちらを参照してください。(丸投げ)

 

ブログについて

最後にブログについて説明します。

ブログで稼ぐには大きく2つあります。

  1. ブログアフィリエイト
  2. アドセンス

1番のブログアフィリエイトは、上述したサイトアフィリエイトのブログ版です。

2番のアドセンスとは、クリック型の広告のことで、Googleアドセンスがメジャーです。

ブログを閲覧した人が貼ってある広告をクリックすることで報酬が発生します。

 

しかし、アフィリエイトは1クリック数千円~数万円の報酬が発生するのに対し、アドセンスは数十円~数百円しか発生しません。

二刀流で行くのが良いと思います。

 

ブログの作り方

ブログの作り方ですが、上述したようにWordPressを使う方法と、無料ブログを使う方法があります。(ちなみにこれははてなブログです)

 

無料ブログだと、もしブログサービスがなくなってしまうと、更新ができなくなってしまいます。

WordPressは、聞きなれないものだと思うので、敷居が高いように感じてしまうと思います。

 

どちらにせよ、ASPに登録する、アドセンスに申請するというのは変わりません。

 

まずは無料ブログで10くらい記事を書いてみて、続けられそうなら本格的に始めるという方向で良いと思います。

 

Twitterを活用すべし

ここまで読んだ人ならお気づきでしょうが、上記の活動は視聴者や読者がいないと意味を成しません。

始めたばかりの頃は視聴者も読者も0に近いのが通常です。

では、どうやって0→1に持っていくのかというと、Twitterを活用すると良いと思います。

 

Twitterは、自分のYouTubeやブログのジャンルと似たような人を探すのが容易です。

そのような人をフォローすれば、自分のコンテンツに興味を示してくれる人もいるはず。

 

Twitterに関しては下に関連記事を貼っておくので、良ければそちらを参考にしてください。

 

www.blog-rin.com

 

www.blog-rin.com

 

今すぐに始められる副業3選のまとめ

今回紹介したどれをとっても大事なことは根気よく継続するということです。

たしか、ネット副業は95%の人が月5000円稼げずにやめていくというデータがあります。(数値に関してはうろ覚えなので怪しいですが、殆どの人が稼げずに退出するということです)

 

YouTubeとかブログなどは、正直やり得だと思います。何も考えず動画出す、記事を書くというのは意味があまりありませんが、 ある程度戦略的にやれば成果が出てうれしい+収益発生となり2重にハッピーだと思います。

 

最初にも言いましたが、「稼ぎたい」がはじめに来る人はあまり向いていないと思います。

また、ジャンルに関しては基本的になんでも良いと思います。

もちろん自分以外誰も興味のない内容はやめたほうが良いと思いますが、ある程度興味を持ってくれる人が良そうで、自分も好きなジャンルにするのが良いと思います。

 

さらに、今回紹介したものをミックスするのも良いと思います。(ブログ記事をまとめたものを動画で説明するなど)