徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

英語学習のやり方はコレ!楽して英語は身に付かない

f:id:RinLinRein:20200104122156p:plain

英語学習をこれから始めようと思っている人や、始めたけれど思うように成果が出ないという人、様々な悩みを持っている人がいるでしょう。

 

この記事では、英語学習のやり方を説明します。

私は英語のガチプロというわけではありませんが、一応一橋大学という最難関国立大学に合格したので、ある程度の参考にはなると思います。

 

はじめに結論を言うと、英語学習に近道はないです。

「毎日〇〇するだけで英語力がつきます」みたいなのはあまりあてになりません。

(そもそもそんな方法があるなら、英語苦手な人が出てくるわけないですよね)

 

 

 

英語学習法―きっちり文法を理解する

英語学習で一番はじめにすることは、中学生が習う文法の理解です。

「英語で会話をしたい」という方も文法理解から入ってください。

 

時々「文法なんか知らなくても話せるようになる」なんていう人がいますが、私から言わせれば「文法さえ知っていればいくらでも話せるようになる」です。

文法を理解したくない人は、そもそも語学に向いていないので、あきらめましょう。

 

さて。

ここで「なぜ中学文法の理解が大事なのか」について話します。

実は高校で習う文法は、中学の内容を理解できていれば簡単にマスターすることができます。

要は、中学の内容+αが高校の内容なのです。(完全新しいものもありますがごくわずか)

中学文法にすべてが詰まっているといっても過言ではないレベルです。

 

中学英文法学習の仕方

中学の内容さえわかっていれば、後が楽になるので必ず理解しておきましょう。

文法学習の仕方としては、

  • 学習サイトを利用する
  • 参考書を利用する

となるでしょう。(中学校の教科書は鼻くそですね、正直)

 

英語学習サイトを利用する
  • スマホ1つで学習できる
  • ついつい別のアプリを開いてしまう可能性

学習サイトに関しては、私のこのページから学習できます。

もちろん他にもあるとは思いますが、私のページは「しっかりとした"理解"」をすることを念頭に作っているので、役に立つと思います。(他のサイトを見たことがないので、どんな作りをしているのかわかりませんが)

 

英語参考書を利用する
  • 練習問題がついている
  • 移動中・移動先で開きにくい

参考書の何が良いかというと、問題がついていることです。

どんな学習にも共通すると思うのですが、インプット(暗記)だけでは意味がありません。

アウトプット(演習)することによって身に付きます。

なので、問題を解くというのは大事ですね。

 

おすすめ参考書を以下に挙げておきます。

一つ注意したいのが、参考書は1冊で良いということです。

2冊以上使う場合は、1冊目が完璧になってからにしてください。

 この参考書は中学レベルの文法がわからない人向けのものになっています。

解説が会話口調なので、読みやすいと思います。

中学文法の知識が重要なので、そこまで高度なレベルのものは必要ないです。

 

一応少し高度な受験用のものも挙げておきます。

これも定番といえば定番です。

かなり分厚い解説書のようなもので、がっつり学習したい人にはもってこいの参考書だと思います。

解説書といっても、別に堅苦しい感じではないので安心してください。 

 

こちらもある程度定番だと聞きます。

左ページに問題があり、右ページに解説・説明があるという形式で、このような形式が好きな人におすすめです。

 

覚えた英語を使えるのかどうか練習する

英文法を覚えてそれで終わりでは意味がありません。

さっきも書きましたが、問題を解くなどしてきちんと理解できているのかどうかを確認する必要があります。

 

こちらの問題集は文法問題がバラバラにでてくる形式になっています。

つまり「受動態の章だから受動態を使うんでしょ?」という感じで解くことができず、理解の確認になります。

 

英会話は文法理解が終わってから

中学文法の理解が終わったら英会話に取り組む頃です。

文法だけではわからない会話表現を学びます。

 

英会話の取り組み方としては、私は素直にスクールに通うことをおすすめします。(オフライン・オンライン問わず)

なぜなら普通に生活していて英語で会話することがないですし、「今から1時間英語だけ」なんてことをできる人がそんなにいるとは思えないからです。

また独学だと、話した英語が正解なのかわからなかったり、誤った発音をしたりしているかもしれませんよね。

相手に伝わらなければ意味がないので、スクールをおすすめします。

 

オンライン英会話学習

自宅で学習可能という意味で、オンライン英会話をおすすめします。

詳しくは別の記事で説明します。

 

こんなサービスもあります

英語学習をしていて

「こう言いたいときはこれで良いの?」

と疑問に思うことがあると思います。

 

スクールに通っていれば質問することができますが、その時間にならなければ質問できません。

そこで、いつでもどこでもネイティブ講師に質問できるサービス「ネイティブな英語表現を質問し放題!生イングリッシュ」というサービスがあります。

月額2980円で、LINEを通じて1日いくらでもネイティブに質問することができます。

「この言い方で良いのか」
「失礼な言い方になっていないか」

などの不安が払拭されるのではないでしょうか。

 

英語学習のやり方まとめ

  • 中学文法を疎かにしない
  • 暗記→演習を繰り返す

この2つが英語学習で大事なことなので、忘れないようにしてください。