徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

英語の前置詞とは?後ろに何を置くかなど、ポイントを解説【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

前置詞についての解説ページです。

 

 

 

前置詞とは

前置詞とは、名詞の前に置くことで、形容詞や副詞を作るものです。

 

唯一にして最大のポイントとして、「前置詞+名詞」で1つのカタマリを作るということです。(これさえ知っておけばok)

例えば、in the parkで1つのカタマリ、at the stationで1つのカタマリといった感じです。

 

前置詞一覧

よく使うものを一覧にしていますが、表を覚えるというより日々の学習で出てきた用法を1つずつ覚えていくのが良いと思います。

 

前置詞

用法

in

~に、で(場所)

~の中に

~に(年、月、季節、午前、午後)

~の後に(1時間後など)

at

~に、で(場所)

~に(時刻)

on

~に(~の”上”とは限らない、接触していれば良い)

~に(日にち、曜日、特定の時)

to

~に(toは「→」のイメージ。名詞に向かっているイメージを持つ)

into

~の中へ

over

~の上に

above

~より高いところに

under

~の下に

below

~より低いところに

around

~の周りを

~のあたりに

by

~のそばに

~までには(時間など)

until

~までずっと

up

上のほうへ

down

下のほうへ

between

~の間に(2者間)

among

~の間に(3者間)

before

~の前に(時間・場所)

behind

~の後ろに

after

~の後に

for

~のため

~に向けて(目的地)

~の間(期間)

toward

~の方向へ(どこかしらの方向を向いていることを表す)

along

~に沿って(道路)

across

~を横切って

through

~を通り抜けて

~の間中ずっと

within

~以内に(時間)

from

~から(時間)

since

~以来

during

~の間(特定の期間、夏休みなど)