徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

英語の名詞の種類など 名詞に関することを説明【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

名詞についての解説ページです。

 

 

 

名詞とは

名詞とは、ざっくり言うと物の名前のことです。

数えることができる可算名詞と、数えることができない不可算名詞に分けることができます。

 

また、可算名詞は

  • 普通名詞
  • 集合名詞

不可算名詞は

  • 物質名詞
  • 抽象名詞
  • 固有名詞

にさらに分類することができます。


普通名詞  

普通名詞は、ものや生物の名称です。

単数・複数両方があります。

a book, books

 

正直これを1つ1つ覚える必要はないです。

 

 

集合名詞

family(家族)のように、集合を指す名詞を集合名詞と言います。

以下のパターンに分けられます。

 

familyタイプ

family, class, team, staff, audienceなどの集合名詞は、集合全体を1つのカタマリとしてみるか、構成員1人1人に注目するかによって使い方が変わります。

 

familyで考えます。

家族全体を1つとして考える場合、普通名詞と同じように扱います。

家族のメンバーを考える場合、単数形であっても複数扱いになります。(My family are~)

 

policeタイプ

policeやcattleは、常に単数形ですが、複数扱いです。

警察という1つの組織に複数の構成員がいるというイメージでしょう。

 

また、1人の警官と言いたい場合は、a police officerなどと言います。

 

物質名詞

物質名詞とは、一定の大きさや形がないので数えることができない名詞のことです。

液体や気体や原料などがこれにあたります。

不可算名詞なので、aや複数のsをつけず、常に単数扱いです。

 

ただし、a cup of tea(お茶1杯)のように、容器に入れるなどすれば数えることができます。

 

 

抽象名詞

抽象名詞とは、loveといった抽象的な概念を表す名詞のことです。(「本」と言われれば頭の中に具体的に本が浮かんできますが、「愛」と言われても、「愛とはなんぞや」ってなりますよね)

 

特徴として、不可算名詞なのでaや複数のsはつけません。

また、some, any, no, much, littleを用いることで、量を表すことができます。

 

loveのほかにも、peace, death, information, life, successなどがあります。

 

また、of+抽象名詞で形容詞、with+抽象名詞で副詞の役割を持ちます。 

 

固有名詞

固有名詞とは、Tom, Japan, Sundayのような、人や国などの一つしかないようなものを表す名詞です。

大文字で始まり、aや複数のsは基本的につけません。

 

ただし、固有名詞の中にはtheをつけなければならないものがあります。(詳細はこちらで)

 

また、

  • a+有名人:~のような人
  • a+人名:~という人

という使い方もするので、覚えておきましょう。