徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

英語の仮定法とは?使い方などすべて解説!【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

仮定法の解説ページです。

 

 

 

仮定法とは何か

現実とは異なる状況を仮定・願望としていうときに使う表現です。

 

これから下にうだうだ書きますが、ポイントは「現実とは異なることを仮定する」ということ、ただ1つです。

 

 

仮定法は仮定や願望を言うときに使う

仮定法では、過去形や過去完了形が出てきます。

これは、最初に言った通り仮定法が現実とは異なる(切り離された)ことを言うことによります。

英語での過去形のイメージは「切り離されている」です。

なので、「現実と切り離されている」仮定法と相性が良いのです。

 

仮定法過去

仮定法過去という名前ですが、現在の話をしています。

 

「もし時間があるなら、ゲームするんだけど」

これを考えます。

これは「時間がないからゲームできない」という状況です。

 

つまり、「もし時間があるなら」というのは、事実と異なる現在の仮定なわけなので、仮定法過去を使います。

 

If I had  enough time, I would play video games.

 

ポイントは、

if節の動詞は過去形に、
主節の動詞は助動詞の過去形+原型にする
ことです。

1つ注意点として、if節の動詞がbe動詞の場合、is, am, areに関わらず必ずwereになります。(I were~となる)(口語ではI was~ですが)

 

また、助動詞の選び方は文によります。

「時間があるならゲームできるのに」であれば、couldを使うということです。

 

仮定法過去完了

仮定法過去が理解できれば、仮定法過去完了は簡単です。

 

仮定法過去は現在の話をしていると言いました。

では「あのとき~だったなら、…だったろう」のように過去のことについて言いたいとき。

時制を一つ過去側に移動させたいわけですが、すでに過去形は使っています。

そこで過去完了を使います。

 

if節の動詞をhad+過去分詞に、
主節の動詞を助動詞過去形+have+過去分詞にします

 

 

未来についての仮定

未来についての仮定の場合でも、考え方は仮定法過去と同じです。

 

実現性が少しでもある場合

実現性が少しでもある場合、「万一~なら…」となるわけですが、話し手としては「まずありえないけどね」という気持ちです。(だからこそ仮定法になるわけですね)

 

カタチとしては、

if節をshould+動詞の原形、
主節を助動詞の現在形や、命令文にします。

 

実現性が0の場合

実現性が0の場合には、上記のshouldを使うことはできません。

この場合には、「仮に~だとしても」などと訳すwere toを使います。

 

「たとえ世界中のすべての人間を敵に回しても、君を守る」

どこかで聞いたようなこのセリフを英語にしましょう。

普通に考えて世界中を敵に回すというのは現実的ではないので、were toを使います。

If I were to make enemies out of the whole world, I would protect you.

 

このように、

if節にwere toを入れ、
主節を助動詞+動詞の原形

にします。

 

ifの省略について

ifを省略する場合があります。

しかし、ただ単に消すわけではなく倒置が起こります。

 

  • If I were ~→Were I ~
  • If I had 過去分詞→Had I 過去分詞
  • If I should~→Should I ~

 

 

その他の仮定

ifや倒置を使っていないのに仮定法的な意味になることがあります。

ポイントは、「なぜか過去形助動詞が入っている」です。

 

パターンとして、主語や副詞句、不定詞などに仮定の意味合いが入ります。

 

A true friend wouldn't do such a thing.

この文を考えましょう。

文脈がないのでイメージしづらいかもしれませんが、「なぜwouldと過去形になってるの?」と考えましょう。

理由は仮定法的だからです。

つまり、主語に仮定法の意味合いが入っていて、

「本当の友達なら、そんなことはしない」

となります。