徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

英語の分詞とは?これさえ覚えれば完璧!【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

分詞の解説ページです。

 

 

 

分詞とは?

分詞について知っておくべきポイントは2つあります。

  1. 分詞には現在分詞と過去分詞の2種類がある
  2. 分詞は形容詞の役割を果たす

 

現在分詞と過去分詞

現在分詞と過去分詞についてまずは説明をします。

 

現在分詞とは

現在進行形でおなじみのing形がありますね。

あれが現在分詞です。

playing,syudyingなどなど

 

そして意味は、現在進行形のところでもやったように、「~している」となります。

 

過去分詞とは

過去分詞は、受動態のところでやったように、受け身の意味です。(~された)

また、規則変化と不規則変化がありましたね。

played,toldなどなど

 

 

現在分詞・過去分詞の使い方

使い方1

現在分詞は「~している」、過去分詞は「~された」という意味だと言いました。

では、実際にどのように使われるのでしょうか?

 

現在分詞と過去分詞は意味こそ違いますが、用い方は同じなので、ここでは現在分詞を例に説明します。

 

冒頭で、分詞は形容詞の役割を果たすと言いました。

形容詞とは、名詞を修飾するもので、「どんな」名詞なのか説明するものです。

例)背が高い男の子⇒形容詞「背が高い」が名詞「男の子」を修飾している

 

ではまず、普通の形容詞の使い方をさらってみましょう。

「背が高い男の子」という場合はa tall boyで良いでしょう

名詞boyの前に形容詞tallを置いています。

 

次に、分詞を用いましょう。

「走っている少年」を考えましょう。(「少年が走っています」ではないですよ)

「走っている」が名詞「少年」を修飾しています。

では、「走っている」を英語で言うと?

 

runningですね。

runが「走る」で、「~している」という形になっているので、現在分詞runningです。

そして先ほどのa tall boyと同じようにすると、

a running boyです。

 

このように通常の形容詞と同じように用いるのが使い方の1つ目となります

 

使い方2

次に、

「公園を走っている少年」を考えましょう。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、これも「背が高い少年」のように、「~な少年」と言っているだけです。(~の部分が「公園を走っている」になっている)

 

「背が高い」の場合はtall一語で良いですが、「公園を走っている」って何と言うのでしょうか?

ただ、「走っている」はrunningです。

そして、普段の英作で「公園で」を何と言いますか?

in the parkというはずです。

 

つまり、「公園を走っている」は

running in the parkです。

 

では、「公園を走っている少年」は

a running in the park boy

となるのでしょうか?

 

実は違います。

これを会話の中で言われるとわかりにくいです。

なぜわかりにくいのか?

「boyだよ!」と言っているのに、boyが最後にしか出てこないからです。

 

英語は結論を急ぐ癖があるので、「あっ、boyなのね。それでどんなboy?」という流れになります。(形式主語itもこの性質によるものですよね)

 

つまり、形容詞部分が「分詞+α」のとき、名詞の前に置くのではなく、後ろに置くということです

なので、「公園を走っている少年」は

a boy running in the park

 

 

現在分詞・過去分詞表現まとめ

分詞の基礎として、下の4つの表現を覚えていれば完璧です。

  1. a running boy(走っている少年)
  2. a boy running in the park(公園を走っている少年)
  3. a broken window(割られた窓)
  4. a window broken by him(彼によって割られた窓)