徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

英語学習をするにあたって持つべきただ1つの心構え【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

このページでは、英語学習において大事なことを書きます。

 

はじめに結論を書きます。

英語に限らず、勉強は受け身の姿勢ではだめです

 

 

勉強をするとき、特に中学高校では受け身の勉強をしている人がほとんどだと思います。

どういうことかというと、

  • 教師の言ったことをそのまま覚える
  • テストに出ると言われたところを勉強する
  • 教科書を丸暗記する

このようなことをしている、もしくはしていた人が多いのではないかと感じます。

私が塾講師バイトをしていた時にかなりこれを実感しました。

 

はっきり言って、意味ないです。

 

なぜかというと、自分で考えていないからです。

 

もちろん、単語を丸暗記するなどというのはしなければなりませんが、覚えなくていいことまで覚えようとしている、これはダメです。

学校のテストはともかく、全く同じ問題がテストで出ますか?

 

こういう生徒が居ました。

(問題を見て5秒くらいで)

「これどうするんですか?」

「これわかりません」

 

わからないのではなく、わかろうとしてないだけです。

すぐに人に聞くようでは勉強をできるようになりません。

自分がもっている知識を使って考える、これを絶対にしてください。

 

このブログの「英語学習ページ」では、英語を学習するため、問題を解くための材料を提供します。

それさえ覚えてもらい、使えるようになれば、殆どの英語の問題が解けるようになるでしょう。

 

また、私はあえて載せる英文を少なくしています。

ここで英文を載せて、わかった気になってもらっても困るからです。

 

覚えたことを使い、自分の頭で考える。そういう攻めの姿勢で学習すれば、必ずモノになります。