徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

英語の命令文の作り方。mustやpleaseの用い方など解説!【一橋大合格者が教える】

英語の辞書

「~しなさい」

「~してください」

のような、相手に命令したり、お願いしたり、忠告したりする文を命令文と言います。

 

英文法目次はこちら

 

 

肯定の命令文

Study English.

 

肯定の命令文とは、

「~しなさい」というものです。

 

「英語を勉強しなさい」

これを英作してみましょう。

 

まず、

「あなたは英語を勉強します」

を考えます。

当然、You study English.です。

 

これを命令文にします。

やり方は、主語を消し、動詞を原型にするだけです。

 

主語はyou、動詞(現在形)studyの原型はstudyなので、そのまま。

 

つまり、

Study English.

となります。

 

まとめると、主語を消し、動詞を原型にする(三単現のsなどはない)、これだけです。

 

 

否定の命令文

Don't be noisy.

 

否定の命令文とは、

「~するな」というものです。

 

「あなたはうるさいです」

まずこれを考えましょう。

 

形容詞noisyを用いて、

You are noisy.

となります。

 

これを肯定の命令文

「うるさくしなさい」

にしてみましょう。(「うるさくしなさい」と命令することはあまりなさそう笑)

 

主語を消し、動詞を原型にします。

be動詞という名前の通り、are(is,am)の原型はbeなので、

Be noisy.(肯定の命令文)

となります。

 

これを否定の命令文にします。

やり方は、文頭にDon'tをつけるだけ。

つまり、

Don't be noisy.

となります。

 

まとめると、肯定の命令文の文頭にDon'tをつけるだけです。

(Don'tの代わりにNeverをつけることもあります)

(「ドンマイ!」というのはDon't mind(気にするな)の略だと聞いたことがありますが、本来はNever mind.ですね)

 

pleaseを用いる命令文

pleaseをつけると、「~しなさい」「~するな」のようなきつい言い方がやわらかくなり、「~してください」「~しないでください」のように依頼の意味に近くなります。

 

Study English.

Please study English.

 

Don't be noisy.

Don't be noisy,please.

 

このように、前か後ろにpleaseをつけるだけです。

ただし、後ろにつける場合、「,please」になります。(「コンマ」をつけましょう)

 

付加疑問

pleaseを用いない命令文の後に「,will you?」か「,won't you?」をつけることで、pleaseと同じような意味になります。

 

Study English,will you?
(英語の勉強をしていただけませんか?)

 

 

mustとの言いかえ

Study English.

You must study English.

 

命令と同じ意味として、助動詞mustが使えます。

助動詞については別のページでやりますが、助動詞は主語の後ろ、動詞の前に置きます。(このとき、動詞は原型にする)

 

再度この英文を考えます。

You study English.

 

さっきは命令文Study English.にしました。

今回はmustを使って、「あなたは英語を勉強しなければなりません」にしましょう。

You study English.の主語と動詞の間にmustを入れるだけです。

つまり、

You must study English.

となります。

 

命令文と比較してみると、

  1. Study English.(英語の勉強をしなさい)
  2. You must study English.(あなたは英語の勉強をしなければなりません)

若干の訳の違いはありますが、「勉強して」と言っていることに代わりはありませんよね。

この書き換えは学校のテストなどでよく出ます。

※否定の命令の場合、must notになります。

 

その他

  • 命令文+and~:…しなさい、そうすれば~
  • 命令文+or~:…しなさい、さもないと~