徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

LINE Payの出金について【限度額・銀行口座・セブン銀行】

ATMでお金を引き出している男性

こちらの記事で、LINE Payの登録方法から店先で使うまでを解説しました。

 

この記事では、LINE Payの機能である出金について解説します!

 

  • LINE Payの出金についての情報がわかる(時間帯や上限金額など)

今回はこの1点がポイントとなります。

 

 

 

LINE Payなら現金化できる

LINE Payには、一度チャージしたお金を出金して現金化できる機能が備わっています。

 

これにより、

「現金が必要になったけど、昨日LINE Payにチャージしちゃった!」

「現金が必要だけど、手持ちのお金がない!」

「間違えて多めにチャージしてしまった!」

というような場合でも、現金を入手することができるようになっています。

 

手数料が少々かかる

出金はできますが、その際に手数料が220円かかります。

何度も出金するとなると、馬鹿にならない手数料がかかってしまうので、いざというときや、どうしてもというとき以外は利用しないのが良いかもしれません。

 

銀行口座かコンビニATMかで限度額などが違う

銀行口座から引き出すか、コンビニATM(セブン銀行)から引き出すかによって色々変わってきます。

 

銀行口座の場合

銀行口座から引き出す場合、出金可能時間は平日9:00~15:00です。

また、1日の出金限度額は10万円までとなっています。

 

銀行口座から出金する方法

LINEPayに紐づけされている銀行口座に出金して、口座から現金を入手する方法です。

  1. LINEウォレットからLINE Payを選択
  2. 設定から出金を選択
  3. 後は画面の指示に従って銀行口座を確認し、金額を決め、確定してください。

これで銀行口座に出金されています。

 

コンビニATMの場合

コンビニATM(セブン銀行)を利用する場合、24時間いつでも出金可能です。

また、1日の出金限度額は1万円となっています。

 

コンビニATMから出金する方法
  1. LINEウォレットからLINE Payを選択
  2. 設定から出金を選択
  3. セブン銀行を選択
  4. 右下のほうの「スマートフォン 出金 入金」を選択
  5. セブン銀行ATMを操作してQRコードを表示
  6. QRコードを読み取る
  7. 企業番号と認証番号が表示されるので、ATMに入力
  8. 金額を指定し、決定

 

ただし、LINE Payカードを持っている場合、このプロセスは必要なく、通常のキャッシュカードのように使うことができるので、格段に楽です。

もし、頻繁にセブン銀行を利用するのであれば、作っておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

大まかなポイントは以下の3点です。

  • LINE Payは出金ができる
  • 出金の際に手数料がかかる
  • 銀行口座かセブン銀行かによって異なる部分がある

 

セブン銀行での出金は、1日で出金可能な額も低く、操作も若干面倒に感じる部分もあるので、あくまで緊急用と捉えたほうが良いと思います。

 

銀行口座なら、時間帯の制限はあるものの、1日の出金可能な額が大きいので、かなり使いやすかなと感じます。