徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

LINE Payとは?使い方などを解説!【チャージ・クーポン・キャンペーンなど】

スマホ決済をしている男性

今回はLINE Payについて解説します!

 

この記事では、

  • LINE Payとは何か
  • LINE Payの登録方法
  • LINE Payの使い方
  • LINE Payのメリット

を中心に説明します!

 

 

LINE PayはQRコード決済の一つ

最近流行りのキャッシュレス決済にはいくつかの種類があり、そのうちの1つがQRコード決済です。

LINE PayはそのQRコード決済の1つとなっています。

 

キャッシュレス決済について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

 

 

LINE Pay最大のメリットは還元率

いくつかありますが、一番のメリットだと私が感じるのは、還元率です。

 

マイカラープログラムという制度があり、前月の使用額によって還元率が変わります。

最初は0.5%ポイント還元なので他とあまり変わりませんが、よく利用するかた(前月10万円以上)なら2%還元となります。

 

LINE Payの登録方法

LINE Payは、LINEを利用している方なら、新しいアプリを取る必要がありません

これがPayPayとの差別化の1つですね!

(PayPayについての記事はこちら!)

 

 

LINE Payの4つのチャージ方法

LINE Payにはクレジットカードから支払うことができず、プリペイド方式になっています。一日10万円までチャージできます。

一見デメリットのように思えますが、衝動的な支出を防ぐことができ、無駄遣いをしにくいので、メリットとも取れるでしょう。

 

さて、チャージの方法ですが、

  1. 銀行口座
  2. コンビニ
  3. LINE Payカード
  4. QRコード

の4つがあります。

1つずつ見ていきましょう。

 

銀行口座からのチャージ

自分がもっている銀行口座と紐づけて、その口座からチャージする方式。

手動でもチャージできますし、もしレジにてチャージ残高が足りなかった場合、自動でその分チャージしてくれる機能もあります。

 

コンビニの端末を使ったチャージ

チャージ金額をアプリ内で設定して、コンビニにある端末でチャージする方法です。

 

LINE Payカードを使ってレジでチャージ

LINE Payカードとは、JCB加盟店で使えるプリペイドカードで、LINEアカウントと連動しています。

コンビニなどのレジにて、カードを渡し、チャージする旨を伝えてチャージします。

 

QRコードを用いてレジでチャージ

レジにて、QRコードを出し、チャージしたい金額を伝えて、現金を渡すことでチャージできます。

ただし、対象店舗が少ないので、殆ど使う機会はないでしょう。

 

銀行口座からのチャージがおすすめ

4つのチャージ方法を紹介しましたが、私が最もおすすめするのは1番目の銀行口座からのチャージです。

 

登録方法は正直画面の指示に従って情報を入力していくだけです。

誰でも簡単に登録できます!

 

LINE Payの決済方法・使い方

では、LINE Payはどのような場面で使うのでしょうか?

 

  1. レジにてコードを提示して会計
  2. LINE Payカードで会計(前述)
  3. オンライン決済(対応しているところのみ)
  4. QUICPay(おサイフケータイ対応のアンドロイド端末のみ)

このようなシーンで使うことができます。

特に3番のオンライン決済が特徴となるでしょう。

限られたサイトのみとなりますが、オンライン決済できる点はPayPayとの差別化ポイントとなりますね!

 

 

LINEPayとPayPayどっちが良い?

高い知名度を誇るLINE PayとPayPay。

どちらが良いかと言われれば、正直どちらでも良いと思います。

 

正直、両者に大きな違いはないので、よく行く店で使えるほう、周りの友達が使っているほう、なんとなくで選んでいいと思います。

 

ただし、LINE Payには出金できるという特性がありますが、詳しくは別の記事で解説します。