大学生のアルバイトは塾講師がガチでおすすめ。塾の選び方など教えます。

大学生のアルバイトは塾講師がガチでおすすめ。塾の選び方など教えます。

主に大学生で、

  • 初めてバイトをする方
  • 新たなバイトを始めたい方

いると思います。

 

そんな人たち向け、私がおすすめするバイト、「塾講師」について、私の体験談をもとに説明します。

「学力ってどれくらい必要?」

「生徒の前で授業って初心者でもできる?」

こんな感じの人向けの記事です。

※あくまで全体的な話であって、この記事に当てはまらないところは当然あると思います。

 

この記事のポイントとしては、

  • 塾講師は思っているよりはるかに楽なので最もおすすめ
  • 学力に自信がなくても大丈夫な場合が多い
  • 対人関係が得意ではないならむしろ塾講師が良い

 

個別指導塾が狙い目

結論は、個別指導塾の講師が一番おすすめです。

これについて説明していきます。

一口に塾講師といっても、

  1. 大手塾の全体指導
  2. 大手塾の個別指導
  3. 小規模塾の全体指導
  4. 小規模塾の個別指導

大きくこんな感じに分かれます。

 

私のようなコミュ障に全体指導はハードル高いでしょうし、東大志望の人を教えられるほどの人は少ないと思うので、ここでは4番の小規模塾の個人指導をおすすめします。

(もちろん多少なりともコミュ力や学力に自信がある場合は、1~3番にチャレンジしても良いかもしれないですが…)

また、大手塾は、多くの人が登録しているので、なかなか指導できず、ほとんど稼げないと思ってください。

私の周りにも、駿台で月1万とかそれくらいしか稼げず、別のバイトもしているという人がいました。

さらに、大手塾では、授業前の準備や、授業後の仕事があったりするので、時間外労働が多い場合があります。

そういった意味でも、小規模塾がおすすめです。

 

個別指導塾の時給、給与はこれくらいです。

時給換算で言うと1200円前後~といった感じです。

案外安いと思ったかもしれませんが、

  • どの塾もだいたい1コマ90分程(1800円~)
  • 平日は夕方3コマほど
  • 仕事内容は中高生とおしゃべり(指導)
  • 指導といっても90分全部しゃべるわけではない

こんな感じで椅子に座っておけばオーケーなので、楽ちんです。

 

昇給すれば1コマ2000円~

また、昇給制度もあり、昇給しきると1コマ2000円前後~となります。

昇給条件ですが、おそらく多くの塾では勤務日数か勤務時間だと思います。

あと、生徒の成績が著しく上がったなどの功績を残せば、1回昇給するとかの制度もあるかもしれません。

 

プレゼン力がつく

小規模個別指導塾には、どちらかといえば勉強が苦手な子が多く来ます。

なので、あまり理解力がない子も多いです。

そこで、こちらも伝え方を工夫する必要があります。

それを続けていくうちに、「良い伝え方」がわかってきて、相手に伝えることがうまくなります。

こういう能力は就活でも求められるし、日常生活でもあったほうが良い能力なので、身に付けるのは大きなメリットです。

 

色々な生徒と関われるので楽しい

小規模の個別指導塾では、色々な生徒を持つことが多いです。

なのでいろんな話を聞けますし、楽しいです。

色々なと言っても、担任制なので、コロコロ変わるわけではありませんよ。そこは安心してください。

 

小規模個別指導塾であればどこでも良い

「小規模の個別指導塾が良いのはわかったけど、具体的にはどこが良いの?」

と思う人もいるでしょう。

答えは、「どこでも良い」です。

 

正直、求人サイトを見てもだいたい同じことが書いています。

ちなみに、「小規模」というのは「駿台」や「河合塾」といった大手以外を指しています。

あえて言うなら、「小規模でありながら複数の教室を持っている塾」が良いかもしれません。

あまりに展開していないとなると、あまり儲かってないのかなとなりますし、求人サイト見てて、

「この塾、そこそこ教室あるな」

となる塾が良いと思います。

実際私も、東京周辺にいくつか教室を展開している塾を選びました。

 

塾の絞り込みは詳細検索で

求人サイトですべきことは、

  • 塾講師の欄にチェックを入れる
  • 県や鉄道沿線を選ぶ
  • 服装自由・オシャレがどうといった条件をかける

これで検索をかけることです。

 

一番気になるのは、服装関係だと思います。

正直、私服OKなところはあまり多くないです。

そのため、「どうしても私服が良い!」という人は選択肢が狭まります。

 

ただ、私服は楽なので、おすすめします。(スーツはめんどうくさい)

あまりに条件が厳しすぎると検索結果がでなかったり、極端に少なかったりするので、その時は条件を緩くするのが良いです。

 

ちなみに求人サイトについてですが、私はマッハバイトを利用しました。

正直どこでも良いと思います。

>>採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

 

塾講師の業務内容は簡単です

  1. 10分前くらいには到着しておく(人間としての基本)
  2. 授業準備(といっても必要な教材があれば準備するなど。心の準備が必要ならしておく)
  3. 授業開始
  4. 開始したら後は流れに沿うだけ(宿題確認→今日の範囲を授業→問題解かせる→解説)
  5. 宿題を出して授業終わり
  6. 授業記録を書いて提出(授業中暇なときに書いておくとスムーズ)

※授業記録というのは、本日進んだ範囲を書き、数行授業内容について書くというものです。数分で書き終わります。

 

身だしなみについて

塾講師の身だしなみについてですが、スーツ着用であればスーツ着用です。

私服OKであれば、私服で良いですが、あまりに華美なものや、短パン・ミニスカートは禁止なはずです。

髪色やネイルも華美でなければ大丈夫なので、オシャレに気を使いたい人も安心です。(ピンクの髪やゴッテゴテのネイルとかはダメでしょう)

 

塾講師バイトのダメな点・デメリット

塾講師バイトの良い点については、はじめのほうで説明しました。

「時給が高い」とか「プレゼン力が付く」とかですね。

しかし、良いところだけではないので、悪い面も伝えます。

  • 融通が利きにくい
  • 嫌な生徒を持ってしまった場合しんどい
  • 長期休暇がつぶれる可能性も
  • 時間外労働が発生するときも

 

シフトの融通が利きにくい

私がバイトしていたところでは、1か月のシフト表が渡され、それを提出する形でした。

提出するときに、出られない曜日・時間にチェックを入れておくという形式です。

提出後の変更もできるのですが、あまりに日が近いと、かなり面倒くさいことになります。(例えば、今日が4日で、5日の出勤を取り消したい場合)

塾講師には担当生徒がついて、毎週同じ曜日・時間に授業をします。

なので、後から別の用事でその曜日・時間を埋めることが難しいです。

 

嫌な生徒でも基本的に変えられない

基本的に担当制なので、もし嫌な生徒の担当になってしまった場合でも、継続しなければなりません。

個人的には、ほとんど反応してくれない生徒が一番授業しにくかったですね。

 

長期休暇がつぶれる可能性あり

塾には夏期講習や冬期講習があり、昼(朝)~夜まで生徒の授業があります。

もし、暇人すぎて全部オーケーですというシフトを出してしまった場合、ぎっしりと埋まってしまう可能性があります。

ただ、長期休暇は本当に稼ぎ時なので、メリットと取ることもできます

また、大学生の長期休暇は、中高生の長期休暇より長いので、全てがつぶれるということはないです。

私は8月に13万ほど稼いでいましたし、かなり稼げることに間違いないです。

 

時間外労働が発生する可能性がある

大手塾や、集団指導では当たり前にある時間外労働。

小規模個別塾でも発生するケースがありますが、ほぼないと思ってください。

 

報告書を書くのが遅い場合

今日の授業内容などを書いて提出する報告書を書くのが遅い場合、時間外労働となります。

授業中にうまく書いてしまえば、時間外労働にならないので、あなた次第です。

授業中の暇な時間を見つけて、少しずつ書いておきましょう。

 

生徒の質問攻めにあうとき

小規模個別指導の生徒は、あまり意欲的でない傾向にあります。

なので、授業が終わってまで質問をする子はあまりいません。

しかし、まれにとんでもない量の質問を持ってくる子がいます。

そういう子の担当になっている場合、授業後に残って解説してあげなければなりません。

実際、私の担当の子で、授業後40分ほど解説したことがあります。

まあ女子高生だったので許します。

 

まだ不安な人はこれ見て安心しましょう

ここまで読んでもまだ不安な人がいると思います

この段落では、100%私の実体験を書きます。

 

コミュ力が不安な人へ

生徒もだいたいみんなコミュ障です。

はじめからフレンドリーは人はほぼいません。

普段騒がしい人も、はじめはおとなしいという感じなので、そこまで気にする必要はないです。

 

あと、コミュ障発揮するのって、おそらく同年代とか、同年代の異性とかに対してだと思います。

女子高生とかだと「おっふ」しか言えなくなるかもしれませんが、女子中学生なら全然大丈夫だと思います。

逆に、飲食店とかだと、同年代の人と常に接する必要があるので、しんどいです。

 

また、基本的に担任制なので、毎回生徒が変わるということは基本的にないです。

コミュ障の大半は、「慣れると普通にコミュニケーション取れる」タイプだと思います。

徐々に慣れて仲良くなれるので安心です。

社会に出てからの予行演習的な感じと思いましょう。

 

学力が不安な人へ

基本的に小規模個別指導塾で求められる学力は、「答えを見てわかるか」、です。

つまり、よっぽど勉強してなかったという人以外は大丈夫だと思われます。

 

さらに、高校生は無理でも中学生の内容なら大丈夫という場合、そう伝えれば高校生の担当にはなりません。

実際、そういう人がかなり多かったです。

とは言え、中学の内容が全部完璧の自信がない、というビビりなあなたのために体験談を1つ伝えます。

 

私が働いていたバイト先では、偏差値40くらいの大学に通っている人が普通に働いていました。(その人も偏差値40くらいの実力)

何だったか忘れましたが、(テキストには載っていない)超初歩的なこと聞かれて、「えーと、なんだったけー笑」となり、答えられていなかったので、安心して良いです。

正直「こんな奴がここで塾講していいの??」となったので、塾講バイトは敷居が低いです。(親と生徒的にはたまったもんじゃないが)

 

家庭教師はおすすめしません

ここで、「じゃあ同じような感じの家庭教師ってどうなの?」と思った人もいるでしょう。

結論から言うと、家庭教師はおすすめしません。

理由としては、めちゃくちゃ面倒くさいからです。

1年以上経験しましたが、2度とやりたくないです。

詳しくは別の記事を用意しているので、興味ある人だけどうぞ。

>>大学生の家庭教師バイトをあまりおすすめしない理由

 

バイト応募の流れ

  1. 求人サイトから応募したいバイトの応募フォームから応募する
  2. 自分で電話するか向こうからかかってくるかを待つ(応募したときの指示に従う)
  3. 電話で面接の話が出るので日時・持参するもの・服装をチェックする
  4. 面接に行き、面接を受け、簡単な中学生レベルのテストを受ける(数学or英語好きなほう)
  5. 終わったら連絡を待つ
  6. 合格の場合、再度塾に行き、契約をする(印鑑など必要)
  7. オワリ

大体こんな感じです。

面接時の服装は、勤務が私服アリなら私服で良いと思われます。

私はこわかったのでスーツ着用で行きました。(スーツ着て失敗はないので)

 

また、テストに関しては、中学生が解く問題集から出されることが多いです。

英語と数学好きなほう選べます。

(このテストで全然わからなかったという人が普通に受かっていたので、ほとんどの人がテストは合格できると思われます)

あと、履歴書をきちんと書く、とか、履歴書に写真を貼っておく、とか、当然のことはしておきましょう。

案外その辺が適当で落とされる人がいます。

私が実際に応募したサイト&採用が決まると祝い金がもらえるので、一応下に求人サイトのリンクを貼っておきます。

>>アルバイト情報なら“マッハバイト”

 

面接の内容は、雑談です

面接の内容に関しては、ここが塾によって一番変わるところだと思いますが、特段緊張する必要はないです。履歴書の内容について少し掘り下げられるくらい、あとは雑談です。

浪人してたら「現役の時どこ受けたの?」とか、「サークルとか入ってるの?」とか、当たり障りない雑談なので、嘘つかず、緊張せず答えましょう。

 

まとめ

この記事のまとめとしては、

  • 小規模の個別指導塾がおすすめ
  • 学力・コミュ力の心配は必要ない
  • 求人サイトで条件で絞ってよさそうなところを探す
  • 常識の範囲の身だしなみであればOK

塾講師は、多くの人ができるバイトだと思っています。

高時給で、はっきり言ってラクで楽しいので、「どうしても人と関わりたくない」という人以外はチャレンジしてみてください。

始めてみて、「やっぱり無理。合わない」となったらやめれば良いので、とりあえずやってみましょう。

>>アルバイト情報なら“マッハバイト”