徒然なるままにKeep

一橋大学に入学するも、”普通”のレールに違和感を覚え退学し、自分らしく生きる道を探しています。自分の趣味・興味などをごちゃまぜにしたブログ。

キャッシュレスとは?種類やそれぞれの比較・メリットなど

f:id:RinLinRein:20191221212833p:plain

今朝コンビニ行ったら先にレジに並んでいた人みんなキャッシュレスでなんやかんやしてたので、私もキャッシュレスデビューしようかなと思い、色々調べることに。

 

実際年々キャッシュレス決済の利用率は増えているらしく、この波に乗らねば!

 

 

キャッシュレスとは?

そのままの意味ですが、現金で支払わず、クレジットカードや電子マネーなどで支払いを行う決済方法のことです。

 

キャッシュレスの種類

支払いが発生するタイミングによって、3種類に分けられます。

 

プリペイド

前払いのことです。プリペイドカードという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、前もって金額をチャージして、それを残高とし、使用するたびに減っていくというものです。

このような仕組みのため、使い過ぎが起きにくいです。

交通系ICカードはこれに属します。

 

即時払い

デビットカードのように、支払いと同時に、銀行口座から引き落としされるものです。

銀行口座に支払金額がないと買い物ができません。

 

後払い

クレジットカードのように、支払いの後に引き落としがされるものです。

買い物をするときに銀行の残高がなくても構いませんが、もし引き落とし日に残高が足りない場合、面倒なことになるので、必ず余裕を持った運用をしましょう。

 

 

決済手段の種類

クレジットカード

クレジットカードはなじみの深い人が多いと思いますが、これは買い物を後払いでできるというもの。

店だけでなく、ネットショッピングや電気ガス水道といった公共料金も支払うことができます。

現金を今持っておく必要がない点が便利です。

 

しかし、「クレジット」というのはざっくり言うと「信用」のことなので、ちゃんと後から支払ってくれるか、支払い能力があるかなどの審査があり、その審査を通らなければ作ることができません。

 

審査に通ったとしても、支払期限までにお金を口座に用意していない場合、「信用」が下がり、ブラックリストに載ってしまって、将来ローンを組むときなどに支障が出る場合があるので、支払期限は必ず守りましょう。

 

また、紛失して第三者に悪用されてしまった場合にも、その分のお金は戻ってくるので、

「紛失したら…」と思っている人も安心してください。

 

交通系IC

鉄道などを利用する人は持っているだろう交通系ICカード

JR東日本の「Suica」や近畿の「ICOCA」など、地域によってさまざまなものがありますが、基本的にそれぞれどこでも使うことができます。

 

手に入れるのも簡単で、駅の自動券売機で「Suica購入」などというボタンがあるので、それを押し、画面の指示に従っていけば購入できます。

カードに金額をチャージすることで、その金額分利用することができます。

チャージも駅の自動券売機で行うことができます。

 

また、鉄道やバスを利用するとき以外にも、電子マネーとしてコンビニなどで利用することができます。

 

タッチ決済

 支払い時に、カードやスマホを読み取り機にかざすだけで買い物ができるタッチ決済。

イメージは交通系ICだが、少々違いもあります。

 

クレジットカードのアメリカンエキスプレスなど聞いたことがある人もいるかもしれないが、最近耳にするのが「Visaタッチ決済」。

 

クレジットカードでお馴染みのVisaが提供するもので、タッチでかざすだけで決済完了となります。

 

そして、この「Visaタッチ決済」の最大のポイントは、海外でも利用できるという点です。

規格などの難しい話は抜きにして、とにかく海外でもカード・スマホ一つで買い物ができるのはかなり大きいと思います。

 

QRコード・バーコード決済

CMやキャンペーンで有名になった「PayPay」などがこれにあたります。

 

使い方としては、

  1. 使いたいもののオフィシャルサイトからアプリストアに飛び、アプリをダウンロードする。
  2. アプリに情報を入力して、登録をする。
  3. 支払い方法を選択する
  4. 支払い時には、ユーザースキャン方式の場合、「スキャン」をタップし、店のコードを読み取って、金額を入力します。ストアスキャン方式の場合、「支払い」をタップし、店側があなたのコードを読み取り、決済完了。

 

メリットとしては、還元率がかなり高いことがあげられます。

 

ただ、私はあまり気に入りません。

なぜなら、タッチ決済はタッチするだけで終わりなのに対して、コード決済は相手側のコードを読み取り、金額を手入力するといった手間がかかるからです。

手軽さは明らかにタッチ決済のほうが勝っているのに、大々的なキャンペーンの結果、劣っているほうがメジャーになっている風潮があるのはどうだろうかと感じてしまいます。

 

 

キャッシュレスのメリット

ここまで、キャッシュレスの説明をしてきましたが、メリットは何なのでしょうか。

 

支払いが簡単

どの支払い方法においても、キャッシュレスの場合、支払いが楽というのが大きなメリットだと考えられます。

現金を用意する必要がなく、お釣りも発生しないので、財布もスッキリします。

 

また、クレジットカードなどを利用すれば、アマゾンやGoogleプレイカードなどのプリペイドカードをコンビニで購入する必要がありません。

 

キャンペーンや割引などの特典が受けられる

特にコード決済はかなりこれが大きいですが、他のクレジットカードなども、ポイントがたまるなどの特典があります。

 

また、最近で言うと、コンビニなどでキャッシュレス決済をすると、2%還元といったこともやっていて、消費増税の影響を受けないといったメリットもあります。

 

 

キャッシュレスの懸念点

ここまで、キャッシュレスのメリットを述べてきたわけですが、まだまだキャッシュレスは日本において、浸透しきってはいません。

その理由をあげていきます。

 

災害時、停電すると使えない

自然災害のとき、停電するとキャッシュレスでは決済ができません。

日本は地震をはじめとする災害が多いので、完全にキャッシュレスという状態はできないかもしれません。

 

ただし、これは現金においてもいえることで、普段から何十万と持ち歩く人はいないと思います。

聴いたところによると、「自分の年齢×1000円」持っておくと安心らしいです。参考までに。

 

なので、現金も多少持っておいて、普段はキャッシュレスといったスタイルが良いと思われます。

 

現金で満足

今まで現金で支払ってきていたわけだし、準備の手間を考えると今のままで良いという意見があります。

それに、キャッシュレスに比べれば現金支払いは相対的に手間ですが、絶対的に面倒かというとそんなことはありません。

 

紛失時に悪用されそう

カードやスマホを紛失したときに不正利用されそうで怖いという意見も見かけます。

 

しかし、これに関しては、現金(財布)だって無くす可能性はあるわけで、カードやスマホだけ1か月に1回なくなりますという人はいないはず。

なくす可能性は現金だろうが一緒です。

 

また、なくしたときも保証がついていたりするので、むしろ現金よりなくすことに対するケアはできていると思われます。

 

まとめ

キャッシュレスは怪しくないし、損害に対してもサポートがあるので、新しいものを敬遠するのではなく、使っていくのが良いと思います。

 

 

 

何かあればTwitterまで。

はてなブログの方は読者登録よろしくお願いします。