徒然なるままにKeep

一橋大学中退マンのブログ。日常、ゲームなど。

ポケモンソード・シールドのストーリー全般に関しての感想

2日経たずに一通りストーリークリアしたので、今作の感想などをまとめておく。

ネタバレは極力しないように書いていくので、未クリアの人は安心してほしい。

(画像はなし。人物名は出てきます)

f:id:RinLinRein:20191105113802j:plain

 

 

 

ストーリーに関して

物足りないというのが本音。

クリアした人なら共感してくれるかもしれないが、盛り上がりにかけている印象。

詳しいことは言わないが、敵キャラをもう少しうんぬんかんぬん。

そのせいで感情がフラットのままエンディングを迎えた。

 

 

登場人物に関して

個人的に悪印象なキャラが多いと感じた。

以下キャラ別詳細

 

 

 

 

 

 

ホップ

主人公のライバルという位置づけ。

前作の「ハウ」を彷彿とさせる。

うるさい。嫌い。すぐ最強とか言っちゃう世間知らず。

しかも勝手に主人公をライバル認定してなれなれしすぎる。

こっちは友達にもなっているつもりがないのに。

あと弱いくせに上から目線。

また、物語中盤にある出来事があるのだが、まじでざまあみろと思った。

 

ダンデ

とあるポケモントレーナー。

自分のことを最強だと勘違いした精神異常しゃ。

恰好がださい。

 

ビート

何回か戦う機会があるが、当然全敗のくせにこちらのことを「雑魚」とか「弱い」と言っちゃう人。雑魚に負けた君はなんなのと言いたくなる。

よくGTA5オンラインにいるキッズに似ている。

 

キバナ

陽キャ。

初登場時に開会式という場で自撮りをしていて第一印象最悪。

一人称「おれさま」。嫌い。

 

伝説ポケモンに関して

毎度のごとく、ストーリー終盤で伝説ポケモンと戦い、捕獲するイベントがある。

ここに関して、急展開すぎて「は?」という感じ。

 

厳選する人は、雰囲気的に戦うなってのがわかるなずなので、その手前でセーブ。

ただ、今作は性格粘らなくても良いシステムがあるのでスルーでも良い。

 

ちなみに、シンクロ要因いなかったけど一発で良い性格出た。なんとね。

 

 

着せ替え

神。

 

その他

今までは、どんなシリアスな場面でも主人公の顔は変わらず、すこし笑っているような表情だったが、表情が場面で変わるのでとてもよくなった。(こなみ)

また、階段でのスピードや、降りるときにキャラが下を向くなど、細かいところがしっかりしていていいっすね。

 

まとめ

総括すると、今までのポケモンとは少し違う感じだったという印象。

私は初代ポケモンから毎世代プレイしている老害なので、少し違うことに違和感を覚えてしまったが、そうでない人は普通に楽しめる内容だと思うし、私が楽しめなかったかというと別にそんなことはなく楽しめた。(物足りないというだけ)

 

フレンドとの協力機能など増えたので、いわゆるガチ勢でなくても長く楽しめるコンテンツがあり、新しいポケモンがスタートといった感じ。

 

何かあればTwitterまで。