徒然なるままにKeep

一橋大学に在籍していた男のブログ。真面目話題からふざけたものまでいろいろ書きます。

Twitterを乗っ取られてる人なんとかしろ

Twitterをやっていて、画像のようなツイートやDMを見たことがないだろうか。

f:id:RinLinRein:20191007123131j:image

これらは、本人の操作による発信ではなく、自動で発信されているもので、いわゆる「乗っ取り」というものだ。

 

ここでは、その対策を書こうと思う。

 

自分が乗っ取られている人や、周りに乗っ取られている人がいれば、是非教えてあげてほしい。

放っておくと、どんどん拡散されてしまうので、きちんと対策するのが大切だ。

 

 

Twitter乗っ取りとは

Twitter乗っ取りとは、アプリ連携をしたり、リンクを踏んだりすることで、第三者にツイート権限などを認めてしまい、勝手にリンクが載ったツイートやDMをされてしまうことだ。

パスワードなどがばれて乗っ取られるケースもある。

乗っ取られると、リンクが拡散され、被害がどんどん増えてしまう。

もし、自分が乗っ取られてしまったら、速やかに対策することが大事だ。

 

 

乗っ取りの原因

上にも書いた通り、勝手にリンク付きツイートがされてしまう原因として、アプリ連携がある。

診断〇〇のようなツイートを見たことがないだろうか。

このような診断をするためには、アプリ連携をしなければならず、連携をすることで、その後勝手にツイートされてしまう。

 

乗っ取られを解消する方法

では、一回乗っ取られたら、どうすればよいのか。

前述したように、乗っ取りはアプリ連携が原因なので、アプリ連携を解除すればよい

手順としては、Twitterを開いて、「設定とプライバシー」を開き、「アカウント」を開く。

f:id:RinLinRein:20190924155654p:image

 

そして、「アプリとセッション」を開く。

f:id:RinLinRein:20190924155705j:image

 

すると、自分がそのアカウントと連携しているアプリの一覧が出るので、怪しいものや、連携した覚えのないもの、使わないものなどの連携を解除する。

 

これで、アプリ連携が解除され、乗っ取り状態ではなくなる。

アプリ連携以外の乗っ取りに関しては知りません、何とかして

 

 

乗っ取られないために

乗っ取られてもアプリ連携解除すれば解決するのだが、拡散しないためにも、そもそも乗っ取られないことが大事だ。

その対策として、Twitterに流れてくる診断〇〇などの連携が必要なものを利用しないことだ。

基本的に、Twitterでアプリ連携を求められたら、そのサイトを利用しないよう心がけるのが良いだろう。

 

もう一つ大事なことは、TwitterでURLは極力踏まないことだ。

エ〇垢などのURLを踏む人はそう多くはないと思うが、時々フォロワーからDM(ダイレクトメール)でいきなり送られてくることがあり、そういう場合踏んでしまうかもしれない。

だが、仲のいいフォロワーであっても、特にDMで送られてくるものについては、踏まないのがベスト。

そのフォロワーが乗っ取られている可能性があるからだ。

f:id:RinLinRein:20191007122919j:plain

 

そもそも、よくわからないURLは踏まないというのはネットを使ううえで当たり前だと思っているので、踏んじゃう時点で”なってないな”という感じ。

 

オワリに

Twitterは年齢問わず、多くの人が利用している。

なかには最近始めました、という人もいるだろう。

ただ、Twitterに限らず、ネットには悪意を持った人が多数存在するので、そういった人たちの餌食にならないよう、知らないURLは踏まないなどの、簡単な自己管理くらいはしておくべき。