徒然なるままにKeep

一橋大学に在籍していた男のブログ。1日1記事。手軽に読める読み物として扱ってください。

どういうつもりなのまじで 【塾の宿題】

私は個別指導塾のアルバイトをしている。

その中で一定数、答えを写して終わり、という生徒がいる。

今日はこの行為について。

f:id:RinLinRein:20190828124603p:image

 塾に通う目的は人それぞれだろう。

学校の授業予習をするため、補習をするため、自分が行けそうな学校に合格するため、難関高校、大学に進学するため。

そのニーズに応えるため、塾にもいくつか種類がある。

地域密着型で、地元の小中高生を対象にしているもの、はたまた、難関学校の受験対策をメインにしているもの。

傾向として、前者には、どちらかといえば平均かそれ未満の子が集まり、

対して後者には、平均より上の生徒が集まる。

私が働いている塾は前者のほうだ。

もちろん難関学校を目指す人が数人はいるが、比率で言えば、学校の授業についていくことができていなかったり、できてはいるが、それほどずば抜けているわけではない、という生徒のほうが多い。

 

さて、ここで私は学校レベル、教科書レベルの内容がわからない生徒を責めたいわけではない。

言いたいことは、わからないから塾に来ているのに、なぜ答えを写し、わからないままにしているのか、ということだ。

もちろん、多くの人は勉強を煩わしいものと感じているだろうから、面倒くさいのはわかる。

親に強制的に通わされていて、本当は勉強なんかしたくないのもわかる。

しかし、「志望校はここ!(自分より少し上のランク)」と言っておきながら、答え写してできましたでは話にならない。

 

それと、答えを写しているのがばれてないと思ったら大きな間違いだ。

巧妙な手口で見事に教師の目を欺いている人もいるかもいれないが、こちらとしてはだいたい見抜いているつもりだ。

テストの点数が50点とかなのに、宿題は全部あっているか1問ミスなどということはまずありえないだろうし、数値が違うだけで解き方は全く同じなのに空欄だというのはおかしいだろう。

生徒の出来栄えとか、得意不得意などは、会話をしているうちにおおよそわかってくるので、真面目にやってほしい。

写して勉強しなかった反動は最後に不合格通知となって自分に返ってくることを肝に銘じておくべきだ。

 

子供を塾に行かせている親へ。

優秀な子供ならおそらく問題ないだろうが、今まで好きなことをし、勉強をしてこなかった子供を塾に通わせるときには、きちんと宿題など、子供の勉強に気を遣ってほしい。

彼ら彼女らはあなたたちが多少なりとも日頃から勉強をする環境を整えなかったことが一因となって今勉強をしていないのだ。

でないと、お金をどぶに捨てているも同然の状況だ。