徒然なるままにKeep

一橋大学に在籍していた男のブログ。勉学、教育、日常、おすすめサービスなど、幅広く書いていきます。

「絡んでない人フォロー外します」の異常性

Twitterを眺めていると時々、

「絡んでない人フォロー外します。ぼくは絡む事を目的にTwitterをしているので」

とツイートしている人を見かける。

この1文、少しおかしい事に気付くだろうか。

f:id:RinLinRein:20190821124208p:image

Twitterの使い方は人それぞれだろうが、たしかに色々な人、自分と趣味が合う人と絡む、話すと言うのはそのうちの一つだ。

だからこの人は、

「絡まないならフォローしている意味がないからフォロー外すね」

と言っている。

 

何がおかしいか。

まず、Twitterの「フォロー」から考えよう。

「フォローする」とは、

「あなた、もしくはあなたのツイートに少なからず興味があって、見たいです」

との意思表示だ。

(もちろんフォロワー数が欲しいがためにフォローをする人もいるが、ここでは「絡みたい!」と言う人を考えているので)

そして、「絡みがない」とは、相手からのリプがない、ということだろう。

つまり、

「あんたからのリプが全くないから、あんたに興味なくなった。切るね」

と言っているのだ。

人と絡みたいからTwitterしていると言っているのにも関わらず。

 

本当に人と絡みたいのであれば、自分から絡みに行くのが基本だろう。

これは、ネット上でも現実でも同じであると思うが、基本的に、絡まれる人、話しかけられる人というのは、自分から話す人だ。

ずっと黙っているのに、周りからすごく話しかけられる人なんてそうそういないだろう。

つまり、上記のようなことを言っている人は、

ネット上の自分はクラスの中心的立ち位置にいると勘違いして、自分はカリスマだから下市民から話しかけてくるのが当たり前。それができないやつはいらない、と思っている痛いやつなのだ。

だから

「絡まないならフォローしている意味がないからフォロー外すね」

などという発言ができる。

 

もっというと、このような人らは、先のような勘違いをしているだけでなく、結局は承認欲求を満たしたいだけだろう。

他者から話しかけられることで、自分という存在が他者の意識の中にもある、と感じ、

承認欲求をドバドバに満たすことができよう。

さらに、ff比が大きくなることで、(フォロー数2桁、フォロワー数4桁のような状態)

「自分に興味を持ってくれている人がこんなにもいる!うほ~承認欲求満たされるぅ~^^」

と感じるのだろう。

 

だから、これからは

「絡まないならフォローしている意味がないからフォロー外すね」

ではなく、

「承認欲求満たしたいので、リプくれる人だけフォローし続けます。それ以外要りません。」

と正直に言ってほしい。

 

人と絡みたい、話したいなどど騙るなよ。