徒然なるままにKeep

一橋大学に在籍していた男のブログ。1日1記事。手軽に読める読み物として扱ってください。

もう〇〇月だからエアコン消すね←は?

みなさんいかがお過ごしだろうか。

まだまだ暑い日が続き、過ごしにくい日が続いている。

私は夏が一番嫌いな季節なので、早く終わってくれと願う毎日である。

さて、夏に気を付けなければならないのが熱中症。

f:id:RinLinRein:20190819071444p:image

屋外に出るときは水分補給をこまめにするなどして対策をするだろう。

屋内にいても油断はできず、クーラーをつけるなどして熱中症にかからないようにしているはずだ。

ここで今回話題にしたいのは、特に学校などで言われがちな

「〇月になるまでエアコン禁止」

「もう〇月だからエアコン使えません」

という謎の文句。

これらの頭の悪さを説いていく。

 

おそらく多くの学校では、生徒が勝手にエアコンを操作できないよう集中管理されているか、教師の許可なしに使用が禁止されているのではないだろうか。

これは、電気代を無駄に高くしないだとか、冷え過ぎを防ぐなどの目的があろう。

これらの制限については何の問題もない。

問題なのはその先で、管理しているのをいいことに、

「もう〇月だからエアコン使えません」

などという輩が出てくることだ。

こういう輩は教科書人間だと言わざるを得ない

教科書人間とは、教科書に載っていることが全てだと思い込み、自分で碌に考えもせず、教科書に準拠して行動をする愚か者のことだ。

例えば、

「9月は秋!秋は涼しいって教科書に書いてあったから、クーラーなんていらないね!実際の気温は30度だけども、教科書的には秋だから、クーラー禁止!!」

実に狂気だと思わないだろうか。

クーラーの目的は暑さを回避し、涼しさを確保することだ。

にもかかわらず、30度という気温の中クーラーをつけるなというのだ。

これはもはや閻魔も驚く灼熱地獄だ。

秋だろうが冬だろうが、暑ければクーラーをつけるのだ。

季節はあくまで目安である。

一昔前は地球温暖化という言葉がなかったのだろう。

季節の通りに過ごせばよかったのかもしれない。

しかし、教科書人間は、地球温暖化という言葉を知り、それが好ましくない状況だと知ったうえで、「温暖化を防ぐために何ができますか」などという授業をしているにもかかわらず、「秋だからクーラー禁止ね」と言っているのだ。

この怖さがわかるだろうか。

自分の頭で考えてこなかった人間の末路、私はこうはなりたくないから自分で考え、それを発信していく。

発信することで、もし自分の考えが間違っていると気付かされたなら訂正するし、正しければ私の株が上がる。笑

考えず受け身の姿勢、もしくは黙っているだけでは成長がない。

少なくとも人の上に立つような人は教科書人間であってほしくないものだ。