徒然なるままにKeep

一橋大学に在籍していた男のブログ。勉学、教育、日常、おすすめサービスなど、幅広く書いていきます。

アンパンチは暴力的!?規制が必要か?

とか言ってる人は頭がおかしいと言わざるを得ない。

f:id:RinLinRein:20190811232845j:plain

 ここ最近、暴力を規制しようとする動きが目立つような気がする。

ネットが発達して、情報の閲覧、発信が誰でもどこでも可能になったことが関係しているのかもしれないが。

暴力的な描写をなんでもかんでも規制したがる親が多いこと多いこと。

子供向けアニメだということを考慮しても、アンパンチは特段暴力的というわけではないだろうし、規制をするに値しない。

そもそも、

アンパンマン「やめるんだばいきんまん!みんな嫌がっているだろう!人の嫌がることはしちゃだめだ!」

ばいきんまん「はい!ごめんなさい」

めでたしめでたし

やばすぎぃ。

「子供が暴力的になっちゃう」とか言っている人に言いたいのは、暴力がダメだと教えるのは親なのであって、仮に小さな子供が「アンパンマンの真似ー」とか言って暴力的な振る舞いをするのなら、それをやめさせるのは親の仕事だ。

決してテレビ側が遠慮するようなことではない。

しつけができないのであれば、そういう「暴力的」なテレビを見させなければよい。

だいたい、アンパンマンの影響で暴力的な人間に育つのであれば、その子はもう何をしてもそう育つだろうから放っておけ。

なんでもかんでも規制規制言うんじゃなくて、ちょっとは頭使って自分で行動をしろ、愚か者。