DXRACERのゲーミングチェアを評価・レビューします

DXRACERを評価・レビューする
鈴風 夜
鈴風 夜

ゲーミングチェアを買おうと思ってるんだけど、DXRACERってどうなの?結構有名らしいけど、どんな感じなのか知りたいな。

ゲーミングチェアを探しているときに、DXRACERというブランドを見る人は多いです。かなり有名なブランドですからね。

DXRACERはゲーミングチェアの先駆者的な存在で、eスポーツの世界大会なんかでも採用されるほどの実績と人気を持ったブランドです。私の友人のゲーマーもDXRACERを数年使っていて、私も使わせてもらったことがあります。

そこでこの記事では、主にそのゲーマーの友人の意見を参考にDXRACERのゲーミングチェアを評価し、どれほどのものなのかを見ていきます。

この記事を読めば、DXRACERのことを知ることができ、あなたがゲーミングチェアを選ぶ時の助けになります。

結論を始めに言うと、DXRACERはかなり質が高いブランドです。

 

DXRACERのゲーミングチェアを評価します

結論から言ってしまうと、品質の高いゲーミングチェアを探しているなら、DXRACERは一番に候補に入ってくるレベルのブランドです。

友人が数年使っていて、当然劣化はするのですが、劣化の仕方や速度が緩やかなので、長く使えます。

価格が少し高いですが、ギリ出せるレベルだと思っているので、価格と品質のバランスを取りたい私のような人にはかなりピッタリなので、評価高めです。

 

DXRACERの良いところ

DXRACERは世界のeスポーツ大会で採用されているほどに有名で高品質なところが最大の特徴です。

もともとレーシングシート開発の企業でしたが、その技術をもとにゲーミングチェア開発に乗り込んだ世界初のブランドです。

さらに、DetonatioN GamingやDETONATOR、忍ism Gamingなど、人気プロゲーミングチームのスポンサーになっています。

つまり、確かな信頼性があるということです。「ゲーミングチェア」で検索すると、いろいろなブランドが出てきますが、ぽっと出のブランドとは違い、確かな地位を築いているのがDXRACERです。

 

DXRACERの悪いところ

他のぽっと出のブランドより価格が高いのがデメリットです。品質が高いので価格が高くなるのは当たり前ではありますが…。最低でも3万円ほどはかかってしまうので、「ゲーミングチェアにそんなにお金かけてられないよ!」という人にとっては選択肢から外れてしまいます。

正直価格以外のデメリットはないですね。信頼性の高いブランドなので、悪いところを探すほうが難しいです。

 

DXRACER・AKRACING・GTRACINGを比較

DXRACER
  • 2001年設立
  • 5シリーズ
  • 29,800円~69,800円
AKRacing
  • 2000年設立
  • 6シリーズ
  • 40,537円~53,778円
GTRACING
  • 2011年設立
  • 4シリーズ
  • 17,800円~38,800円

有名ブランドであるAKRacing、GTRACINGと比較してみます。3ブランドの大まかな違いは以上の通りです。

DXRACERとAKRacingは品質重視のブランド、GTRACINGはコスパ重視のブランドです。

 

DXRACERとAKRacingを比較

DXRACER
  • 2001年設立
  • 5シリーズ
  • 29,800円~69,800円
AKRacing
  • 2000年設立
  • 6シリーズ
  • 40,537円~53,778円

DXRACERとAKRacingはどちらも品質重視のブランドです。友人たちがどちらも持っていますが、品質で甲乙つけるのはなかなか難しいなと感じています。

AKRacingのほうがシリーズが多いので、こだわりがある人はAKRacingのほうが良いです。逆にこだわりがない人は、DXRACERで良いです。

標準モデルの価格の差が10,000円ほどもあるので、少しでも安くしたいならDXRACERの軍配が上がりますね

 

DXRACERとGTRACINGを比較

DXRACER
  • 2001年設立
  • 5シリーズ
  • 29,800円~69,800円
GTRACING
  • 2011年設立
  • 4シリーズ
  • 17,800円~38,800円

DXRACERは品質重視なのに対し、GTRACINGはコスパ重視のブランドです。どっちの質が高いかというと、DXRACERのほうが高いです。DXRACERは友人が使っていて、GTRACINGは私が使っているのですが、劣化具合が明らかにDXRACERのほうが遅く、品質が高いことがわかります。

実はGTRACINGはDXRACERをかなり意識しているブランドで、パクリ問題なんかでも少し話題になりました。GTRACINGのゲーミングチェアも決して悪いものではないのですが、DXRACERに比べると見劣りしてしまいますね。

多少高くても良いから良いものが欲しいという人だと、DXRACERのほうが良いですね。

 

DXRACERのゲーミングチェアのシリーズ一覧

Formula Drifting King Air MASTER
価格
(税込)
  • 29,800円
  • 39,800円
  • 47,800円
  • 49,800円
  • 59,800円
  • 49,800円
  • 59,800円
  • 69,800円
特徴
  • 標準的な大きさ
  • 万人向け
  • 横に広いワイドモデル
  • 強いゆったり感
  • 大型モデル
  • フルエアメッシュ
  • 最強の通気性
  • ワークチェア
  • すべてがプレミアム
素材
  • ファブリック
  • PUソフトレザー
  • 高撥水ファブリック
  • PUソフトレザー
  • ファブリック
  • エアメッシュ
  • マイクロファイバーレザー
モデル数 8種 3種 3種 4種 3種

ちなみに、私が一番おすすめしているのは、Formulaシリーズのファブリック素材のゲーミングチェアですね。

最も価格が安く、コスパに優れていると思っているからです。ゲーミングデバイスをそろえようと思うと、かなりのお金がかかってしまうので、コスパは正義ですよ。

 

Formula(フォーミュラ)シリーズについて

formulaシリーズ

Formula
価格
  • 29,800円
  • 39,800円
特徴
  • 標準的な大きさ
  • 万人向け
素材
  • ファブリック
  • PUソフトレザー
  • 高撥水ファブリック
モデル数 8種

最もスタンダードなシリーズがFormula(フォーミュラ)シリーズです。

標準的な日本人にピッタリになるように設計されているので、ほとんどの人が使用できます。女性でも大丈夫です。

素材も3種類用意されていて、ゲーミングチェア全体でも珍しいファブリック素材のモデルもあります。ファブリックの需要もそこそこあるので、そういった人のニーズをかなえてくれるのは嬉しいですね。

万人におすすめできるモデルです。

 

Drifting(ドリフティング)シリーズについて

driftingシリーズ

Drifting
価格
  • 47,800円
  • 49,800円
特徴
  • 横に広いワイドモデル
  • 強いゆったり感
素材 PUソフトレザー
モデル数 3種

Drifting(ドリフティング)シリーズはワイドモデルです。Formulaシリーズより横幅が広く、ゆったりしたゲーミングチェアになっています。

Formulaシリーズは身体にフィットしますが、Driftingシリーズは余裕を持たせてくれて、より快適に長時間ゲームできるという感じです。

その分価格は高いので、玄人向けですね。素材もPUレザーのみなので、万人におすすめできるモデルではなく、刺さる人に刺さるゲーミングチェアです。

 

King(キング)シリーズについて

kingシリーズ

King
価格
  • 59,800円
特徴
  • 大型モデル
素材
  • ファブリック
モデル数 3種

King(キング)シリーズはアメリカンなビッグサイズになっています。小柄な人だと足が床につかないレベルの大きさです。標準体型よりデカい人がゆったりとした座り心地を求める時に検討しましょう。

余りにも大きいので、フィット感を感じることはなく、逆にゆったり感を感じられます。

価格もかなり高いので、なかなか手が出しにくいと思っています。

 

Air(エアー)シリーズについて

airシリーズ

Air
価格
  • 49,800円
  • 59,800円
特徴
  • レーシングチェア型フルエアメッシュ
  • 最強の通気性
素材 エアメッシュ
モデル数 4種

2021年9月に販売が開始した新しいシリーズがAirシリーズです。

Airシリーズの最大の特徴は、フルエアメッシュです。どういうことかというと、座面や背もたれがスケスケです。つまり最強の通気性を実現しているということです。

ちなみにこのフルエアメッシュは世界初ということで、現状だとDXRACERでしか扱われていません。

 

MASTER(マスター)シリーズについて

masterシリーズ

Master
価格
  • 69,800円
特徴
  • ワークチェア
  • すべてがプレミアム
素材
  • マイクロファイバーレザー
モデル数 3種

2021年11月に発売されたモデルがMasterです。

ワークチェアと言っていますが、ゲーミングチェアの特徴を持ちつつ、ビジネスの場でも使えるようなデザインにしているとのことです。そのため、ビジネス用でなくても、デザインが気に入ったり、最高級に良いものが欲しいという人であれば検討の余地はありですね。

 

高い質と価格のバランスを取るならDXRACERで間違いない

ゲーミングチェアブランドの中ではDXRACERはかなりおすすめのブランドです。ゲーミングチェアブランドの中でいろいろなチームのスポンサーをしているのはDXRACERをはじめ、数ブランドしかないです。

初心者ゲーマー~ヘビーゲーマーまで幅広い人に受け入れられるゲーミングチェアですよ。

 

ゲーミングチェアに関してあまり知識がなくて、失敗するのが怖いと感じている人は、以下の記事をご覧ください。

ゲーミングチェアに関する知識を網羅的に解説しています。

初心者のためのゲーミングチェア完全ガイド

初心者のためのゲーミングチェア完全ガイド
ゲーミングチェアについて詳しく知りたいですか?この記事では初心者向けにゲーミングチェアについての解説をしています。後悔しないためにもぜひご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました