Core i5-12400の性能解説!搭載ゲーミングPCをBTOショップから紹介

「Core i5-12400の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、CPUはCore i5-12400で良いかな?でも似たような価格帯に他のCPUを搭載したモデルもあるし、どれが良いのかわからないや」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • Core i5-12400のカタログスペックを同じようなCPUと比較
  • Core i5-12400の性能をベンチマークスコアから見る
  • Core i5-12400のゲーム性能を見る
  • Core i5-12400搭載のゲーミングPCを紹介

Core i5-12400はエントリークラスのゲーミングPCによく搭載されているCPUだ。性能はそれなりで低価格なのでコスパの良さで人気が高い。

このページを読めば、Core i5-12400の性能や似たようなCPUの性能が分かり、どのCPUをゲーミングPCに搭載するかを決めることができる。

Core i5-12400のカタログスペック

Core i5-12400 Core i5-13400 Ryzen5 5600X
コア数(Pコア/Eコア) 6コア 6コア/4コア 6コア
スレッド数 12スレッド 16スレッド 12スレッド
定格クロック(Pコア/Eコア) 2.5GHz 2.5GHz/1.8GHz 3.7GHz
最大クロック(Pコア/Eコア) 4.4GHz 4.6GHz/3.3GHz 4.6GHz
L2/L3キャッシュ容量 7.5MB/18MB 9.5MB/20MB 3MB/32MB
PCI-Express(Gen/レーン数) 5.0/16レーン
4.0/4レーン
5.0/16レーン
4.0/4レーン
4.0/20レーン
対応メモリ DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
基本消費電力 65W 65W 65W

Core i5-12400は2022年1月に発売されたミドルクラスのCPUだ。現在BTOショップでは15~20万円のエントリークラスのモデルによく搭載されていて、低価格な構成にできるのが強みだ。
このCore i5-12400を、1世代上のCore i5-13400および、BTOショップで同価格帯のゲーミングPCに搭載されているRyzen5 5600Xと比較しながら見ていこう。

Core i5-12400は6コア12スレッドであり、Pコア/Eコアに分かれていない。13世代のCore i5-13400ではEコアが4つ増えて10コア16スレッドとなっているので、大きな性能差をつけられていることがうかがえる。
Ryzen5 5600Xは同様に6コア12スレッドなので、コア数での違いは見受けられない。

Core i5-12400の定格クロックは2.5GHz・最大クロックは4.4GHzで、いつものi5と同じくらいのクロック数だ。Core i5-13400と比べても定格クロックは同じだし、最大クロックに関しても96%に収まっている。
Ryzen5 5600Xと比べると定格クロックが68%となっていて、大きな差をつけられている。が、これはいつも通りだ。Ryzenは定格クロックがIntel Coreより高い傾向にある。

Core i5-12400のL3キャッシュ容量は18MBとなっていて、Core i5-13400の90%、Ryzen5 5600Xの56%だ。
Core i5-12400はメモリの新規格であるDDR5に対応しているが、DDR5にするためには予算がかさむので、低価格なCore i5-12400との相性は悪い。

Core i5-12400はRyzen5 5600Xと同等レベルのスコア

CPU PassMarkスコア 3DMarkスコア Cinebench
(シングル)
Cinebench
(マルチ)
コア数/スレッド数 クロック数(GHz)
(定格/最大)
価格 1円あたり性能
Core i5-12400 19533 5965 1623 12454 6/12 2.5/4.4 2.9万円 0.67
Core i5-13400 26355 1749 14865 10/16 2.5/4.6 3.4万円 0.78
Ryzen5 5600X 21936 5675 1593 10988 6/12 3.7/4.6 2.4万円 0.91
Core i7-12700 31127 9620 1862 21568 12/20 2.1/4.9 5.1万円 0.61

BTOショップでCore i5-12400と並ぶ候補になりそうなCore i5-13400・Ryzen5 5600X・Core i7-12700とスコアを比較していく。PassMarkスコアはCPUの総合性能・3DMarkはゲーム性能・Cinebenchは主にクリエイティブ的性能を表す数値と思って良い。スコアはあくまで目安であり、性能そのものを表しているわけではない。

Core i5-12400はCore i5-13400と比べると性能差が大きい。やはりコア数が少なく、Pコア/Eコアに分かれていないことによる影響が大きい。

Ryzen5 5600Xと比べるとCore i5-12400はPassMarkスコアでは負けているが、他スコアでは勝っている。判断が難しいところだが、基本的にはCore i5-12400のほうがパフォーマンスが出せる一方、ソフトによってはRyzen5 5600Xのほうがパフォーマンスが出る可能性があるということになる。

価格帯が少し変わってしまうが、Core i7-12700とも比較しよう。Core i5-12400はCore i7-12700と比べるとコア数が半分でPコア/Eコアがないことから、性能が大幅に低いことが分かる。やはり12世代のCore i7は別格だ。とはいえBTOショップでは搭載PCの価格に3万円ほどの差があるのも無視できない。

Core i5-12400のゲーム性能

  • グラボはRTX3060Ti
  • 解像度はフルHD
  • DLSS・レイトレーシングはオフ

Core i5-12400・Core i5-13400・Ryzen5 5600Xと一緒に搭載することが多いであろうRTX3060Tiをグラボに選択した。RTX3060TiはフルHD適性が高いグラボなのでフルHDでの測定になる。

なお、数値はあくまで参考値であり、保証するものではないことに注意。

ゲームタイトル Core i5-12400 Core i5-13400 Ryzen5 5600X
Apex(低設定) 215~299 235~299 217~299
God of War(最高設定) 77~86 91~110 70~85
Forza Horizon 5(最高設定) 94~112 104~118 93~103
Red Dead Redemption 2(最高設定) 70~80 83~90 78~90
Cyberpunk 2077(最高設定) 72~80 73~89 60~82

フレームレートを重視したい対戦ゲームの場合は低設定でプレイすることが多いので、Apexだけは低設定にしてある。どのCPUの場合でも、軽めのゲーム・軽めの設定の場合はフレームレートが高い水準をキープしている。

重めのゲーム・重めの設定の場合は、Core i5-12400とCore i5-13400とで差が出ている。Core i5-13400はCore i5-12400に比べておよそ10%弱のフレームレート向上が見られる。

いずれの場合でもCore i5-12400とRyzen5 5600Xとの差はあまり見られない。基本的にCore i5-12400のほうがフレームレートが高い傾向にあるが、ゲームによってはRyzen5 5600Xのほうが高いフレームレートが出ることがある。

Core i5-12400はエントリークラスのゲーミングPCにおすすめのCPU

競合のRyzen5 5600Xと比べると、Core i5-12400は全体的に優れたCPUだ。BTOショップでの価格もほとんど変わらないため、Ryzen5 5600XよりはCore i5-12400のほうが選ぶ価値があると言える。

1世代上のCore i5-13400と比べると有意な性能差が見られる。Core i5-13400の価格次第ではあるが、価格差が小さいならCore i5-13400の方に軍配が上がる。価格差が大きいのならCore i5-12400を選ぶ価値があると言える。(記事執筆時点ではCore i5-12400は2.8万円程度、Core i5-13400は3.4万円程度)
ただ、エントリークラスのゲーミングPCを求める人は少しでも安くしたいと思うので、そういった人にはCore i5-12400がおすすめできる。

いずれにしてもエントリークラスのゲーミングPCに搭載するのであれば、Core i5-12400は十分選択肢に入ってくるCPUでありおすすめできる。

Core i5-12400搭載のおすすめゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
外観 フロンティアのゲーミングPCサンプル2 ツクモのゲーミングPCサンプル1 サイコムのゲーミングPCサンプル4
メーカー フロンティア ツクモ サイコム
セール期間 ~1月27日15時 ~2月2日15時 ~1月31日
CPU Core i5-12400F Core i5-12400F Core i5-12400F
GPU RTX3060 RTX3070 RTX3060
価格(税込) 149,800円 187,800円 171,730円

Core i5-12400搭載のゲーミングPCをおすすめのBTOショップから紹介する。なお、Core i5-12400FとCore i5-12400は同等性能なので、Core i5-12400F搭載のゲーミングPCも紹介している。(F付きモデルはCPUに内蔵GPUが搭載されておらず、価格が安い。グラボを搭載する場合は基本的に何の影響もない)

おすすめ1:Core i5-12400F×RTX3060搭載の標準エントリーモデル

Core i5-12400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS901/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~1月27日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 512GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 149,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月24日時点での情報

セール対象モデルの安さで有名なフロンティアのモデルだ。グラボはRTX3060搭載となっている。RTX3060はエントリークラス定番のグラボで、フルHD144fpsが目安となる。Core i5-12400と組み合わせるのにちょうど良い性能となっている。
特にeスポーツ系のゲームであれば、低設定で200fps以上の高フレームレートが可能になるレベルだ。

メモリは16GBで、この性能だとちょうど良い容量だ。ストレージは512GBでエントリーモデルの標準容量となっている。

Core i5-12400F×RTX3060という組み合わせはエントリーモデルの標準構成だ。15万円以下で買えるゲーミングPCで最も良いモデルの1つなので、特に初めてのゲーミングPCにおすすめだ。

おすすめ2:Core i5-12400F×RTX3070搭載のミドルクラスモデル

Core i5-12400F×RTX3070搭載のツクモゲーミングPC

G-GEAR GA5J-B221/B2 Core i5-12400F×RTX3070
メーカー ツクモ
セール期間 ~2月2日10時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3070
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 187,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月24日時点での情報

PCパーツ専門店としても有名なツクモのセールモデルだ。グラボはRTX3070となっていて、ミドルクラスの性能だ。フルHDで190fpsほどが目安で、WQHDでのゲームプレイも可能になるほどの性能だ。
BTOショップだとRTX3070×Core i7-12700という組み合わせがメジャーだが、Core i5-12400であれば20万円を下回るというメリットもあるので優位性がある。

メモリは16GBで、フルHDでのプレイが中心の場合は適正な容量だ。WQHDや動画編集などのクリエイティブ的作業もする場合は32GBに増やしたい。ストレージは1TBで十分な容量だ。

ミドルクラスのRTX3070搭載モデルを20万円以下で手に入れたい人は必見のモデルだ。セール期間を逃さないようにしたい。

おすすめ3:サイコムの高品質エントリーモデル

サイコムのG-Master Velox Ⅱ Intel Edition

G-Master Velox Ⅱ Intel Edition
メーカー サイコム
セール期間 ~1月31日
CPU Intel Core i5-12400F(標準構成から変更済み)
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 650W 80PLUS GOLD
価格(税込) 171,730円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月24日時点での情報

高品質なパーツを採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。サイコムではモデルを選んだあとに、CPUやグラボも変更できる。このG-Master Velox Ⅱ Intel Editionは、サイコムのゲーミングPCの中で最もお手軽な価格のモデルで、サイコムで最も売れているモデルの2世代目となっている。

CPUをCore i5-12400Fにする場合、グラボはRTX3060かRTX3060Tiがおすすめだ。RTX3060はフルHDで144fpsが目安となる性能で、RTX3060TiはフルHD170fpsが目安になり一部WQHDにも対応できるほどだ。予算に余裕があるならRTX3060Tiを選んでおきたい。

メモリは16GB、ストレージは500GBとなっていて、サイコムのゲーミングPCの標準容量だ。エントリークラスの性能なので、この容量で十分と言える。

サイコムのゲーミングPCは他のBTOショップと比較すると価格は高いが、各パーツが有名メーカーのものとなっている。品質にこだわりたい人は必見だ。

Core i5-12400の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • Core i5-12400はRyzen5 5600Xより基本的には高性能
  • Core i5-12400はCore i5-13400と比べると劣るが、少しでも安くしたい場合には十分におすすめできる
  • Core i5-12400搭載のゲーミングPCであれば15~20万円ほどで入手できる

このページではCore i5-12400の性能を解説した。

他のCPUやゲーミングPCに搭載するCPUの選び方を知りたい人は以下のページを読むと良い。
≫ゲーミングPCに搭載するCPUの選び方を初心者向けに解説

 

※このページで紹介したスコアは以下サイトを参考にしている。
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/
3DMark:https://benchmarks.ul.com/compare/best-cpus
Cinebench R23(シングル):https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu_benchmark-cinebench_r23_single_core-15
Cinebench R23(マルチ):https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu_benchmark-cinebench_r23_multi_core-16

タイトルとURLをコピーしました