PR

白いケースのゲーミングPCを扱うBTOとおすすめモデルを紹介

「白くてかっこいいゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、どれも黒っぽいデザインばっかりでなんかダサいな。白いケースでおしゃれなゲーミングPCが欲しいよ」って人に読んでほしいページです。

BTOのゲーミングPCは黒いケースのものが多く、白いケースのラインナップはかなり限られる。

このページでは、白いケースのゲーミングPCを扱うBTOを紹介している。

このページを読めば、白いケースのゲーミングPCを扱っているBTOショップが分かり、どのBTOであれば自分に合ったゲーミングPCが見つかるのかを判断できる。

  1. 白いケースのゲーミングPCを扱うBTO
    1. ストーム:白主体のデザインが特徴
    2. フロンティア:白くて安いゲーミングPCが欲しい人向け
    3. サイコム:品質にこだわったゲーミングPC
    4. マイニングベース:白くてかっこよく光るのが売り
  2. 白いケースのおすすめゲーミングPC
    1. ストーム1:Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載モデル
    2. ストーム2:Core i7-14700F×RTX4070Super搭載モデル
    3. ストーム3:Core i7-14700KF×RTX4070Ti Super搭載モデル
    4. フロンティア1:Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載の白いゲーミングPC
    5. フロンティア2:Core i7-14700F×RTX4070Super搭載モデル
    6. フロンティア3:Core i7-14700F×RTX4070Ti Super搭載モデル
    7. サイコム1:お手頃価格のスタンダードモデル
    8. サイコム2:デュアル水冷の上級者向けモデル
    9. マイニングベース1:RTX4060Ti搭載のゲーミングPC
    10. マイニングベース2:RTX4070Ti搭載の汎用性モデル
    11. マイニングベース3:Ryzen9 7950X3D×RTX4090搭載の最高峰モデル
  3. 白いケースのゲーミングPCを選ぶメリット
    1. 動画映え・写真映えする
    2. かわいい・かっこいい印象を受ける
  4. 白いゲーミングPCを選ぶデメリット
    1. 白いゲーミングPCを扱っているBTOは少数
    2. 白いゲーミングPCのラインナップは少ない
    3. 直射日光が当たると茶色く汚れる
    4. 黒いゲーミングPCより高価格な場合がある
  5. 白いケースのゲーミングPCに関してよくある質問
    1. 初心者でも白いゲーミングPCを選んで問題ない?
    2. 安くて白いゲーミングPCはないの?
    3. ドスパラ(ガレリア)で白いゲーミングPCを買いたいんだけど見当たらない
    4. グラボまで白で統一されているモデルはある?
    5. 良さげな白いケースのモデルが無かったんだけど、自作するしかないの?
  6. 白いケースのゲーミングPCを扱うBTOとおすすめモデルまとめ

白いケースのゲーミングPCを扱うBTO

ストームフロンティアサイコムマイニングベース
ケースデザイン例ストームの白いゲーミングPCフロンティアのゲーミングPCサンプル13サイコムのゲーミングPCサンプル4マイニングベースのゲーミングPCサンプル14
ショップの特徴デザイン重視価格重視品質重視LED重視

白くてかっこいいゲーミングPCを扱っているBTOショップの中で、おすすめするのは以上の4ショップだ。

4ショップとも全く違った特徴を持っているので、ケースデザインとショップの特徴の2面から見ることで、どのショップを選びたいかが決まるはずだ。

ストーム:白主体のデザインが特徴

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観ストームのPCサンプル5ストームのゲーミングPCのサンプル12ストームのゲーミングPCのサンプル12
CPUCore i5-14400FCore i7-14700FCore i7-14700KF
GPURTX4060TiRTX4070SuperRTX4070Ti Super
価格(税込)182,000円305,000円359,800円

ストームは、「知っている人は知っている」という隠れた名店的なBTOショップだ。

品質と価格のバランス重視のBTOで、メモリで有名なCrucialの正規代理店でもある。

ストームのケースデザインは、大手BTOでは見かけないタイプや白いものが多く、ストームの独自性と言える

フロンティア:白くて安いゲーミングPCが欲しい人向け

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル21フロンティアのゲーミングPCサンプル23
CPUCore i5-14400FCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX4060TiRTX4070SuperRTX4070Ti Super
価格(税込)168,980円254,800円314,800円

フロンティアは、セール頻度とセール時の安さで有名なBTOショップだ。フロンティアでは常にセールが行われていて、高コスパなゲーミングPCをいつでも手に入れられる。

白いケースを採用しているモデルも多いので、価格重視のユーザーにおすすめだ。

サイコム:品質にこだわったゲーミングPC

おすすめ1おすすめ2
外観サイコムのゲーミングPCサンプル4サイコムのPCのサンプル9
CPUCore i5-14400F(変更可)Core i7-14700K(変更可)
GPURTX4060(変更可)RTX4080S(変更可)
価格(税込)187,690円478,260円

サイコムは高品質な有名メーカーのパーツのみを採用しているBTOだ。

搭載パーツが全て有名メーカーの優秀な製品であり、冷却性や耐久性、静音性が売りだ。

そのぶん価格は高いが、品質に気を配りたいPC中級者以上に特におすすめだ。

マイニングベース:白くてかっこよく光るのが売り

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観マイニングベースのゲーミングPCのサンプル12マイニングベースのゲーミングPCのサンプル12マイニングベースのゲーミングPCのサンプル18
CPUCore i5-13400FCore i7-13700FRyzen9 7950X3D
GPURTX4060TiRTX4070TiRTX4090
価格(税込)199,800円299,800円657,700円

マイニングベースは、LEDにとケースデザインが特徴のBTOショップだ。大手BTOでは見かけないタイプのケースであり、マイニングベース独自の特徴となっている。

一方で知名度はかなり低い。2018年創業の新興企業であり、皆が選んでいる安心感が欲しい人には向いていない。

ザ・ゲーミングPCとも言えるピカピカ派手なものが欲しい人だけにおすすめだ。

白いケースのおすすめゲーミングPC

1234567891011
外観ストームのPCサンプル5ストームのゲーミングPCのサンプル12ストームのゲーミングPCのサンプル12フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル21フロンティアのゲーミングPCサンプル23サイコムのゲーミングPCサンプル4サイコムのPCのサンプル9マイニングベースのゲーミングPCのサンプル12マイニングベースのゲーミングPCのサンプル12
CPUi5-14400Fi7-14700Fi7-14700KFi5-14400Fi7-14700Fi7-14700Fi5-14400Fi7-14700Ki5-13400Fi7-13700FR9 7950X3D
GPURTX4060TiRTX4070SRTX4070Ti SRTX4060TiRTX4070SRTX4070Ti
S
RTX4060RTX4080SRTX4060TiRTX4070TiRTX4090
価格(税込)182,000円305,000円359,800円168,980円254,800円314,800円187,690円478,260円199,800円299,800円657,700円

ストーム1:Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載モデル

ストームのゲーミングPC21
PG-14XF70BTi46
セール期間
CPUIntel Core i5-14400F
GPUGeForce RTX4060Ti
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)182,000円
※2024年2月1日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷うならストームのおすすめカスタマイズをパーツごとに紹介を参照すると良い

ストームのおすすめ1は、Core i5-14400F×RTX4060TiのゲーミングPCだ。

エントリークラスとして定番の構成となっている。

フルHD解像度でゲームをするライトゲーマーにおすすめだ。

ストーム2:Core i7-14700F×RTX4070Super搭載モデル

ストームのゲーミングPC22
PZS-KFS47
セール期間
CPUIntel Core i7-14700F
GPUGeForce RTX4070Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)305,000円
※2024年2月1日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷うならストームのおすすめカスタマイズをパーツごとに紹介を参照すると良い

ストームのおすすめ2は、Core i7-14700F×RTX4070Super搭載のゲーミングPCだ。

CPU・グラボともにパワフルで、クリエイティブ用途でも快適に使えるレベルとなっている。

即納品なのでカスタマイズはできないが、汎用性の高いゲーミングPCを探している人におすすめだ。

ストーム3:Core i7-14700KF×RTX4070Ti Super搭載モデル

ストームのゲーミングPC23
PZS-K14STi47
セール期間
CPUIntel Core i7-14700KF
GPUGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)359,800円
※2024年2月1日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷うならストームのおすすめカスタマイズをパーツごとに紹介を参照すると良い

ストームのおすすめ3は、Core i7-14700KF×RTX4070Ti Super搭載モデルだ。

RTX4070Ti Superは4Kでのゲームが可能なほど高性能で、価格的に手が出せる現実的なラインとなっている。

価格と性能のどちらも妥協したくないなら、RTX4070Ti Super搭載モデルがおすすめだ。

フロンティア1:Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載の白いゲーミングPC

フロンティアのゲーミングPC159
FRGKB760/WS501/NTK
セール期間~5月24日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i5-14400F
GPUGeForce RTX4060Ti
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)168,980円
※2024年5月17日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

フロンティアのおすすめ1は、Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載のゲーミングPCだ。

フルHD適性の高いRTX4060Tiに、高コスパなCore i5-14400Fを搭載している。

フルHDでゲームをプレイしたい人向けだ。

フロンティア2:Core i7-14700F×RTX4070Super搭載モデル

フロンティアのゲーミングPC185
FRGHLB760/WS418
セール期間~5月24日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
GPUGeForce RTX4070Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)254,800円
※2024年5月17日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

フロンティアのおすすめ2は、Core i7-14700F×RTX4070Super搭載ゲーミングPCだ。

RTX4070SuperはWQHDでのゲームプレイが可能なグラボであり、ミドルクラスの中でもおすすめ度が高い。

ゲームだけでなくクリエイティブ用途にも向いているので、ゲーマーやクリエイターにおすすめだ。

フロンティア3:Core i7-14700F×RTX4070Ti Super搭載モデル

フロンティアのゲーミングPC192
FRGPLB760W/WS70T
セール期間~5月24日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
GPUGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)314,800円
※2024年5月17日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

フロンティアのおすすめ3は、Core i7-14700F×RTX4070Ti Super搭載モデルだ。

WQHD~4Kゲーミング、高度なクリエイティブ作業に適している。

ヘビーユーザーにおすすめのモデルだ。

サイコム1:お手頃価格のスタンダードモデル

サイコムのG-Master Velox Ⅱ Intel Edition
G-Master Velox Ⅱ Intel Edition
セール期間
CPUIntel Core i5-14400F(変更可)
GPUGeForce RTX4060(変更可)
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)187,690円
※2024年4月23日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

サイコムのおすすめ1は、G-Master Velox Ⅱ Intel Editionだ。

このモデルは高品質ながらも、サイコムのゲーミングPCの中ではリーズナブルであり、PC初心者でも手が出しやすい。
実際、サイコムの売れ行きランキングでは常に上位に入っている。

エントリー~ミドルクラスの性能にしたい人におすすめのモデルだ。

サイコム2:デュアル水冷の上級者向けモデル

サイコムのG-Master Hydro Z790 Extreme/D5
G-Master Hydro Z790 Extreme/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
GPUGeForce RTX4080Super(変更可)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)478,260円
※2024年4月23日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

サイコムのおすすめ2は、G-Master Hydro Z790 Extreme/D5だ。(画像のケースは黒だが、白に変更できる)

このモデルの特徴は、デュアル水冷だ。デュアル水冷によってCPUとグラボの両方を水で冷やすことで、高い冷却性を確保できる。

RTX4080のような、高性能なグラボを搭載するヘビーゲーマーに特におすすめだ。

マイニングベース1:RTX4060Ti搭載のゲーミングPC

Core i5-13400F×RTX4060Ti搭載のマイニングベースのゲーミングPC
ASTROMEDA GAMER
セール期間
CPUIntel Core i5-13400F
GPUGeForce RTX4060Ti
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB NVMe SSD
価格(税込)199,800円
※2024年2月12日時点での情報

マイニングベースのおすすめ1は、Core i5-13400F×RTX4060TiというゲーミングPCだ。

Core i5-13400F×RTX4060Tiはエントリーモデル定番の組み合わせの1つで、フルHDでのゲームプレイで困ることはまず無い。

PC初心者や、エントリーモデルを探してる人におすすめのモデルとなっている。

マイニングベース2:RTX4070Ti搭載の汎用性モデル

Core i7-13700F×RTX4070Ti搭載のマイニングベースのゲーミングPC
ASTROMEDA GAMER
セール期間
CPUIntel Core i7-13700F
GPUGeForce RTX4070Ti
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB NVMe SSD
価格(税込)299,800円
※2024年2月12日時点での情報

マイニングベースのおすすめ2は、Core i7-13700F×RTX4070Tiというモデルだ。

WQHDでのゲームや、動画編集などのクリエイティブ用途で高いパフォーマンスを発揮できる。

単なるゲーマーというより、ゲーマー兼クリエイターにおすすめだ。

マイニングベース3:Ryzen9 7950X3D×RTX4090搭載の最高峰モデル

Ryzen9 7950X3D×RTX4090搭載のマイニングベースのゲーミングPC
ASTROMEDA STREAMER
セール期間
CPUAMD Ryzen9 7950X3D
GPUGeForce RTX4090
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-5200
ストレージ1TB NVMe SSD
価格(税込)657,700円
※2024年2月12日時点での情報

マイニングベースのおすすめ3は、Ryzen9 7950X3D×RTX4090搭載モデルだ。

Ryzen9 7950X3Dは最高峰のゲーム性能とマルチ性能を兼ね備えている。

ゲーム性能とマルチ性能の両方を重視したいストリーマーのような人におすすめだ。

白いケースのゲーミングPCを選ぶメリット

白いケースのゲーミングPCを選ぶメリットは、自己満足を得られることだ。正直な話、白いゲーミングPCを選ぶ実利はない。

動画映え・写真映えする

白いゲーミングPCはスタイリッシュな印象を受けるため、動画映えや写真映えしやすい。

自分の部屋をバックにして雑談動画を撮りたい人や、自分のゲーム部屋を写真にとってネットにアップしたいというような人は、白いゲーミングPCを選ぶと良い。

自分のゲーム環境を他人に見てもらって「いいね」をもらおう。

かわいい・かっこいい印象を受ける

白いゲーミングPCはかわいい・かっこいい印象を受け、所有欲を満たしてくれる。

ゲーミングPCは高い買い物なので、なるべく満足度を高くしたいというような人にはピッタリだ。

白いゲーミングPCを選ぶデメリット

  • 白いゲーミングPCを扱っているBTOは少数
  • 白いゲーミングPCのラインナップは少ない
  • 直射日光に当てると茶色く汚れる
  • 黒いゲーミングPCより高価格な場合がある

白いゲーミングPCを扱っているBTOは少数

多くのBTOでは黒が主流であり、白いゲーミングPCは一部BTOでしか扱われていない。

「絶対にこのBTOで買いたい!」というこだわりがある人は、白いゲーミングPCが手に入らない可能性がある。

白いゲーミングPCを諦めるか、BTOを変えるかしかない。

白いゲーミングPCのラインナップは少ない

白いゲーミングPCは、ラインナップ自体が少ない。

白いゲーミングPCを扱っているBTOだとしても、白より黒のほうが圧倒的にラインナップが多いことがほとんどだ。

自分が欲しい構成の白いゲーミングPCが見つからない可能性もあるというわけだ。

直射日光が当たると茶色く汚れる

白いゲーミングPCを直射日光に当てると、茶色に変色してしまう。

そもそもゲーミングPCを直射日光に当てること自体が悪いことだが、白いケースの場合は見た目も損なわれる。

かっこいい白色が汚くなってしまうので、直射日光が当たる場所に置かないようにしなければならない。

黒いゲーミングPCより高価格な場合がある

ケースだけが白い場合は黒と同価格だが、内部のパーツまで白い場合は高価格になる。一般的な色は黒であり、白は特別仕様のようなものだからだ。

例えば黒のASUS DUAL-RTX4070-O12Gは89,800円、白のASUS DUAL-RTX4070-O12G-WHITEは95,500円で、白のほうが5,700円高い。

白いケースのゲーミングPCに関してよくある質問

初心者でも白いゲーミングPCを選んで問題ない?

初心者が白いゲーミングPCを選んでも何の問題もない。

基本的な扱い方は、黒も白も変わらないからだ。

このページで紹介したBTOは、初心者~上級者まで誰でも満足できるショップばかりだ。

安くて白いゲーミングPCはないの?

安く白いゲーミングPCはある。

価格を重視しているストームフロンティアであれば、他BTOより安価なモデルが見つかりやすい。

ストームはデザイン重視でオシャレなモデルが多く、フロンティアは価格重視で最安値レベルのモデルが多い。

ドスパラ(ガレリア)で白いゲーミングPCを買いたいんだけど見当たらない

ドスパラでは白いゲーミングPCは扱われていない。ドスパラでは黒ベースの独自ケースを採用しているからだ。

ケース単体での販売はあるが、自作する人向けだ。

ドスパラでゲーミングPCを買いたいなら、白いゲーミングPCは諦めなければならない。

グラボまで白で統一されているモデルはある?

一部BTOでは、全体的に白で統一されているモデルがある。

ストームの白いゲーミングPCはほとんどが白いグラボを搭載しているし、フロンティアの一部モデルも同様だ。
白いパーツには「WHITE」「ホワイト」などと記載されている。

ただしグラボまで白で統一されているゲーミングPCは、少し割高になることには注意だ。

良さげな白いケースのモデルが無かったんだけど、自作するしかないの?

このページで紹介したBTOの白いケースデザインが気に入らない場合、自作するのは1つの手だ。

とはいえ、自作は色々面倒なことが多いため、敷居が高い。

BTOショップ「SEVEN」であれば、まるで自作のように広い選択肢からケースを選ぶことができる。

ケースを含むすべてのパーツを広い選択肢から選ぶことになるので多少の知識が必要だが、こだわり抜きたい場合はSEVENを利用すると良い。
SEVENはどんなBTOショップ?特徴や評判、どんな人向けかを解説

白いケースのゲーミングPCを扱うBTOとおすすめモデルまとめ

このページでは、白いケースのゲーミングPCを扱うBTOショップを紹介した。

白いゲーミングPCについて振り返ると以下の通り。

白いゲーミングPCの取り扱い数は少ないので、気になるモデルがあるなら要チェックだ。

どのBTOを選べば良いのかや、BTOショップごとの特徴を知りたい人は、以下のページを読むと良い。
≫BTOショップとは?選び方と初心者おすすめを解説!

タイトルとURLをコピーしました