BTOカスタマイズの初心者おすすめ!性能以外に注目したいパーツを知ろう

「BTOショップのカスタマイズについて」のアイキャッチ
管理人
管理人

「BTOショップでゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、どうカスタマイズすれば良いのかわからないんだよね。全部カスタマイズしたら金額が増えちゃうし、困ったな」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • カスタマイズの目的は性能アップと故障リスクダウン
  • 初心者にすすめたいカスタマイズは冷却性能に関するパーツ
  • カスタマイズ候補とカスタマイズ不要な箇所

このページを読めばカスタマイズに必要な考え方や、実際にどこをカスタマイズしたほうが良いのかといった判断ができるようになり、満足のいくゲーミングPCに仕上げることができるだろう。

BTOパソコンはカスタマイズせずにデフォルトのままでも良い

前提として、BTOパソコンの基本構成はそのままでも問題ないように設計されている。基本構成とは最も無駄がない構成だと思ってくれれば良い。知名度高めのBTOショップであれば、基本構成でも十分快適にゲームをプレイできるだろう。

ただし知名度が低いBTOショップの場合は話が別だ。知名度が低いBTOショップだと、デフォルトの基本構成が物足りないことがある。その場合はカスタマイズしておかないと、快適性が著しくそこなわれてしまう。
知名度が低いBTOショップを利用する場合は注意が必要だ。

カスタマイズの2つの目的

基本構成で十分なら、なぜカスタマイズする必要があるのか?もちろんカスタマイズすることで「良いこと」があるからだ。

カスタマイズする目的は大きく以下の2つだ。

  • 性能や容量をアップする
  • 故障のリスクを減らす

目的1:性能や容量をアップする

初心者がイメージしやすいのはこちらだろう。「より質の高いメモリに変更する」「ストレージの容量を512GB→1TBに増やす」「HDDを追加で増やす」など、性能や容量に関係あるパーツのカスタマイズだ。

このカスタマイズによって、自分に必要な性能のゲーミングPCに仕上げられる。しかもカスタマイズによる恩恵を実感しやすいのもポイントだ。

ちなみに、CPUやGPUは基本構成から変えられないBTOショップが多い。基本構成を選ぶ時点で自分の求めるものにしておこう。

目的2:故障のリスクを減らす

恩恵を実感しにくく初心者が軽視しがちだが、実は大事なカスタマイズがこちらだ。カスタマイズによってはゲーミングPCの故障リスクを減らすことができる。

ゲーミングPC故障の原因の1つが、熱によるパーツの劣化だ。ゲーミングPCがフル稼働するとパーツから熱が発生し、その熱によってパーツが劣化する。熱を効率よく逃がすために、ゲーミングPCは排熱・冷却を考えた構造になっている。

BTOショップの基本構成だと、最低限の冷却機能しかない。ゲーミングPCに負荷をかけすぎると排熱が間に合わず、パーツの劣化を速めてしまう可能性がある。

そこでカスタマイズによって排熱・冷却性能を向上させることでパーツの劣化スピードを遅め、ゲーミングPCの寿命を長くできるというわけだ。

優れた排熱・冷却性能はパーツのパフォーマンス向上にも関わってくる。良いことづくめだ。

初心者はとりあえずCPUクーラーとグリスのカスタマイズをしよう

ゲーミングPCにとって排熱・冷却が大事ということがわかっただろうか。

初心者がカスタマイズで迷ったら、排熱・冷却に関係するパーツである「CPUクーラー」と「CPUグリス」を見れば良い。

CPUクーラーのカスタマイズをする

  • 安価で定番の空冷式CPUクーラー
  • 高価で上級者向けの水冷式CPUクーラー

CPUクーラーのカスタマイズは空冷式か水冷式かを選ぶ

空冷式の場合「CPUで発生した熱をCPUに接する金属が吸収し、ファンが空気を送って金属を冷やす」という流れで冷却を行う。要するに空気で冷やしているのが空冷式だ。基本的には空冷式で十分だ

水冷式の場合「CPUで発生した熱をCPUに接する金属が吸収し、チューブの中の特殊な液体が金属の熱を吸収し、別のところで放出する」という流れで冷却を行う。要するに液体を使って冷やしているのが水冷式だ。一般的に水冷式は空冷式より冷却効率が優れている。その分価格も高い。Core i7-12700KやCore i9-12900といった上位のCPUを搭載するなら水冷式も視野に入る。

BTOショップでは空冷式の選択肢が複数あることが多い。価格が高いほど冷却性・静音性が優れていると思って良い。高くても1万円以下程度でカスタマイズできるため、予算に余裕があれば良いCPUクーラーを搭載したい。

※熱を吸収する金属をヒートシンクと呼ぶ

CPUグリスのカスタマイズをする

まずはCPUグリスとは何なのかを簡単に解説する。
先ほどのCPUクーラーのところで「CPUで発生した熱を、CPUに接する金属が吸収する」と説明した。CPUグリスとは、CPUと金属との接地面に塗るものだ。

CPUグリスを塗ることで、CPU→金属への熱移動がスムーズに行われる。CPUを効率良く冷やせるというわけだ。

CPUグリスにも種類があり、熱伝導率が高いものほど効率良く冷却できる。「高熱伝導率」「ダイヤモンドグリス」などと記載されているものは冷却性能に優れている。価格も2,000~3,000円程度なので負担になりにくい。

必要に応じてカスタマイズしたいもの

ここではカスタマイズの優先順位が比較的高いものを紹介していく。

メモリを32GBにする

メモリ容量が大きいほど、高負荷がかかる作業を同時に行っても動作がスムーズになる。

ゲーミングPCは16GBのメモリが搭載されているのが基本だ。多くの人は16GBで十分だ。ただ、ゲーム配信を行ったり、高負荷をかけるようなゲームをプレイする人は32GBのメモリを搭載すると安心だろう。

詳しくは以下のページで解説している。カスタマイズを考えている人は読むと良い。

≫メモリの役割とは?ゲーミングPCに必要なのは16GB?32GB?

ストレージ(SSD)を1TBにする

ストレージが多いほど、保存できるデータの量が多くなる。たくさんゲームをインストールしたり、たくさんの動画を保存できたりする。

エントリーモデルのゲーミングPCであれば512GBが基本構成になっていることが多い。ミドル以上のゲーミングPCであれば1TBが基本だ。

どのSSD容量が最適かは人によって違うとしか言いようがない。詳しくは以下のページを参照してほしい。

≫ゲーミングPCのストレージ容量・構成は?512GB?1TB?

必要な人だけ無線LANをつける

ゲームの大容量ダウンロードやオンラインゲームをプレイするという性質上、ゲーミングPCはインターネットへの有線接続が望ましい。そのため、そもそも無線接続ができないモデルも多い。

もし自分の家庭や環境的に有線接続ができないなら、無線LAN子機を付ける必要がある。有線接続できないのに無線LAN子機を付けなければ、ゲーミングPCはただの箱になってしまう。

できれば有線接続できるようなゲーム環境を構築してほしいが、どうしてもできない場合は無線LAN子機を忘れないように付けておこう。

カスタマイズの必要性が薄いもの

BTOショップのカスタマイズ幅は広くたくさんのリストが並んでいる。その中でもほとんどの人にとってカスタマイズ不要なものを紹介する。

OSはWindows Homeのままで良い

OSはOperating Systemの略だ。簡単に言えばPCの最も基本的なソフトで、PCでいろいろ作業したりゲームしたりできるのはOSのおかげだ。WindowsやMacOS、スマホで言うとiOSやAndroidがOSの例だ。

BTOショップのゲーミングPCにはWindowsが搭載されている。カスタマイズの選択肢には「Windows Home」と「Windows Pro」の2つがあり、デフォルトではWindows Homeだ。

Proはネットワークやセキュリティに優れていて、要は企業向けとなっている。個人で使う分には全く必要ないため、デフォルトのHomeで構わない。

セキュリティソフトは必要ない

BTOショップでゲーミングPCを買うと、デフォルトで30日間のお試しセキュリティソフトがついてくる。お試し期間終了後は有料プランに誘導される。

基本的にゲーミングPCにはセキュリティソフトは必要ない。なぜならWindowsにデフォルトで搭載されているMicrosoft Defenderで十分だからだ。
それに外部のセキュリティソフトはPCの動作が重くなることもあり、ゲーミングPC向けとは言えない。

この説明を受けても不安に感じる人は以下のページを読むと良いだろう。

≫ゲーミングPCにセキュリティソフトは必要か?

周辺機器は別で買おう

ゲーミングPC本体だけを買っても、モニターやマウス、キーボードがなければ何もできない。BTOショップではそういった周辺機器も一緒に購入できる。

ただ、BTOショップで用意されている周辺機器は選択肢が狭く、万人におすすめとは言えない。周辺機器はゲームの勝敗や快適性に大きく関わってくるため、じっくりとこだわりたいところだ。

BTOカスタマイズのおすすめまとめ

  • カスタマイズの目的は「性能・容量アップ」と「故障のリスク低減」
  • CPUクーラーとCPUグリスはぜひカスタマイズしたい
  • カスタマイズの優先度が高い箇所と低い箇所がある

このページでは、BTOカスタマイズについて解説した。これでどこをカスタマイズすれば良いのかがわかったはずだ。

カスタマイズ以外にも、ゲーミングPCを買う前に知っておいたほうが良いことがたくさんある。損をして後悔しないためにも最低限の知識を身に付けておくと良いだろう。

≫初めてのゲーミングPCの選び方!初心者の「わからない」を解消!

タイトルとURLをコピーしました