【レビュー】BenQ ZOWIE XL2411Kは初心者におすすめしたいゲーミングモニターだった

BenQ ZOWIE XL2411Kをレビュー
鈴風 夜
鈴風 夜

ゲーミングモニター買おうと思ってるんだけど、Amazonで見ても種類が多すぎてどれが良いのか全然わかんない…。違いもよくわかんないし、どうしよ…。

鈴風 耀
鈴風 耀

だったらとりあえずこれをおすすめするよ。

初心者だと、どのゲーミングモニターが良いのかというのはなかなかわからないでしょう。

実際私も初心者の頃は違いがわからず、適当に選んでしまい、後で後悔した思い出があります。それがきっかけでゲーミングデバイス系の知識を付けるようになりました。

そこでこの記事では、初心者が選んでおけばまず後悔しないであろうゲーミングモニターを紹介します。

この記事を読めば、今回紹介するゲーミングモニターの良さがわかり、これにしようと決めることができます。

 

おすすめゲーミングモニター「BenQ ZOWIE XL2411K」

おすすめモニター1

リフレッシュレート 144Hz
パネル TNパネル
ディスプレイサイズ 24インチ
応答速度 1ms(GtG)
解像度 1920×1080(フルHD)
端子 DisplayPort1.2(ケーブル付属)、
HDMI2.0、
HDMI1.4×2、
HeadphoneJack
その他 DyAc技術搭載、
Black eQualizer機能搭載
スピーカー非搭載
価格 25,000円~27,000円(税込)

「ゲーミングモニターと言えばBenQ」みたいなところがあるほど、定番のブランドです。特に、ZOWIEシリーズはeスポーツ特化シリーズとなっています。

あのGameWith所属のプロゲーマー、ネフライトさんも、同じシリーズのゲーミングモニターを使用しているくらいの定番さです。

特にFPS系のゲームに必要な機能が盛りだくさんです。

ちなみにこのモデルは144Hz対応ですが、同じシリーズに240Hz対応のモデルもあるので、性能の良いゲーミングPCを買おうと思っている人は240Hzのほうをおすすめします。(価格は6~7万円です)

 

BenQ ZOWIE XL2411K独自の強み

benq-zowie-xl2411k独自の強み

  1. TNパネル採用
  2. DyAc技術搭載
  3. Black eQualizer機能搭載

BenQのZOWIEシリーズの独自の強みは、FPS系のゲームに特化しているということです。実際、PUBGの世界大会なんかでは、ZOWIEシリーズが公式のモニターとして使用されました。

以上の3つの要素が重なって、FPS系のゲームにピッタリなゲーミングモニターになっています。

 

TNパネルを採用して残像感を減らしている

ゲーミングモニターによく採用されているパネルの1つがTNパネルです。

TNパネルの特徴は以下の通りです。

TNパネル

メリット

デメリット

  • 応答速度がはやい
  • 残像感が少ない
  • 目が疲れにくい
  • 価格が安い
  • 視野角が狭い
  • 色再現性が低い

ここではデメリットは関係ないので、メリットについて触れていきます。(後でデメリットに関しては触れます)

応答速度(=画面が切り替わる速さ)が速いので、残像感が少なくなるのがTNパネルの特徴です。これがどんな時に役に立つかというと、FPSやTPSなどの動きが激しいゲームをプレイするときですね。

また、残像感が少ないため、長時間ゲームをプレイしても疲れにくいです。

これがFPS系のゲームに特化している理由の1つ目です。

 

DyAc技術搭載

BenQ ZOWIEに独自搭載されている機能がDyAc技術です。簡単に言うと、残像感をさらに軽減させる機能ですね。

これによって通常のTNパネルよりさらに残像感が減少します。

原理についてはどうでも良いですが、もし知りたい人はZOWIEの公式サイトへどうぞ。

BenQ ZOWIE公式サイト

 

Black eQualizer機能搭載

Black eQualizer機能もZOWIE独自の技術で、暗いところを明るくするという機能です。

FPSをプレイしていると、建物の陰などの暗いところでは敵を視認しにくいですよね。Black eQualizer機能を使えば、暗いところを明るくしてくれるので、敵の姿をとらえることができます。

どれくらい違うのかが気になる人は以下の公式サイトをご覧ください。

BenQ ZOWIE公式サイト

 

BenQ ZOWIE XL2411Kを使って感じたこと

鈴風 夜
鈴風 夜

BenQ ZOWIE XL2411Kの性能的なところはわかったよ。実際に使った感じはどうだったの?

実際にBenQ ZOWIE XL2411Kを数か月使用してみました。その結果感じたことは全部で5つですね。

性能的なところは特に言うことはなく、想像通りでした。それ以外の細かいところで良い点がいろいろあったので共有します。

 

若干戦いやすくなった気はする

このゲーミングモニターを使えば劇的に勝てるようになるかというと、さすがにそんなことはありません。「勝てるようになりました!」と言っているサイトがあったら詐欺ですね。

とはいえ、このモニターを使用する前より、若干戦いやすくはなった気はします。プラシーボ効果的な思い込みかもしれませんが、良い効果があることに間違いはないと思います。

少しでも勝率が上がるなら、使って損はないですね。

 

ディスプレイの位置調整の幅が大きくて助かる

このゲーミングモニターは、上下や左右への調節はもちろんできますが、前後にディスプレイを傾けることもできます。なので、自分にあった位置にディスプレイを持ってくることができ、快適にゲームをすることができます。

このゲーミングモニターはTNパネルなので、画面を正面から見ることが前提です。なので調節機能を使って自分に合った位置に調節しましょう。

安いものだと、調節ができないことがあり、結構不便だったりします。

ちなみに、あまり使うことはないですが、ディスプレイを縦向きにすることもできます。

 

用途に合わせてディスプレイの表示を変えることができる

FPSモード、Movieモード、エコモードなど、様々なプリセットが用意されていて、自分の用途に合わせて画面の表示のさせ方を変えることができます。裏にあるボタンをいじるだけなので、誰でも簡単に変更できます。

明るさや、DyAc機能のオンオフ、Black eQualizer機能の強さもこのボタンからできます。

実際に、モードをいじることでかなり画面の色合いが変わるので、好みやゲームに合った設定にしましょう。

 

ボタンが下のほうについているのが地味にうれしい

先ほど紹介した画面表示を変えるボタンですが、そのボタンがモニター裏側の下のほうについていて、下から指を入れることで操作可能です。

これの何が良いかというと、複数のモニターを横に並べる時や、壁際に置くときに有効です。

モニターによっては横から手を入れないと操作できないものがあり、地味に不便なことがあります。

そのため、下側にボタンがついているほうが好ましいです。

 

コンセントを入れるだけで画面がついてくれる

私はスイッチ付きのタコ足にモニターを挿しています。そして毎朝PCの電源を入れて、タコ足のスイッチをオンにします。

それだけでモニターが起動します。

モニターの電源ボタンを押す必要がないので、便利ですね。

また、PCの電源を切ったときも、勝手にオフになってくれるので、オンオフ両方で便利です。

 

ありそうな疑問に予め答えておく

benq-zowie-xl2411kについての疑問

スピーカーなくて困らないの?

私は、良いゲーム体験にはゲーミングヘッドセットが必須だと思っています。Apexなどのシューティングゲームをするならなおさらです。

つまり、スピーカーから垂れ流しでゲーム音を聞くということは一切しません。かならずゲーミングヘッドセットを使用しています。

世の中のゲーマーやプロゲーマーもみんなヘッドセットを使用していると思います。

なので、スピーカーがなくても問題ありません。

 

TNパネルだから映像がきれいじゃないんじゃない?

確かに、TNパネルなので色再現性が低くて白っぽく見えます。IPSパネルのゲーミングモニターと比べると一目瞭然です。とはいえ、私は気になりません。

映画鑑賞とか本格的な動画編集が目的ではなく、あくまでゲーム用途だからです。

色見が大事な用途をメインに用いるのであれば、IPSパネルやVAパネルを採用しているモニターを買いましょう。

 

TNパネルだから視野角が狭いんでしょ?

確かに視野角は狭く、斜めから画面を見ようとすると、白っぽく見えます。

しかし、普段使っていてモニターを斜めから見ることがないので、まったく気になりません。複数人でプレイするときなんかは気になるかもしれませんね。

 

FPSをプレイするならこれで間違いない

BenQ ZOWIE XL2411Kは、特にFPS系のゲームをよくプレイする人向けのゲーミングモニターです。

ここまでFPSに特化したゲーミングモニターはなかなかありません。

「Apexよくやるんだよな~」「CS:GO始めたいんだよな」というような人におすすめしたいです。

タイトルとURLをコピーしました